30代女性が片思いの男性にアプローチして成功する為の3つの方法


 

明治安田生活福祉研究所の調査結果によると、
異性との交際経験のない20代男性は53.3%、30代で38.0%という結果となりました。

 

また、30代女性の独身の中で、現在恋人がいる割合は35.8%で、男性の場合は、17.8%という結果が出ています。
(ブライダル総研恋愛観調査2013調べ)

 

30代の女性の内3人中2人、男性の場合は、5人中4人が恋人がいないということになります。

 

なお、男女ともに告白した人数の多さと、恋人がいるかどうかが比例しており、
話しかける・メールする等のアプローチができる人が、恋人がいる割合が多いという結果となりました。
(恋愛・婚活・結婚調査2015(リクルートブライダル総研調べ)

 

もし、あなたの片思いの男性に恋人がいない場合は、
女性のあなたからアプローチすることで、お付き合いができる可能性が高くなります。

ですが、30代で独身の女性の多くは、奥手な女性が少なくありませんので、
積極的にアプローチするのは難しいと考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は誰でも少しの勇気で、アプローチできる片思いの男性を振り向かせる3つの方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

1.話しかけないと何も始まらない

 

片思いをしていると、相手の男性が特別な男性に見えるのではないでしょうか?

相手の男性は、あなたの好きな人である前に一人の人間です。

恋愛をしていると、相手の男性がただの人間であることを忘れてしまいます。

あなたは、同性の仲の良い女性とどのように仲良くなりましたか?

知らない人から、少しづつ話すようになり知人となり、友人になったのではないでしょうか。

これが、恋愛になると知人・友人を飛び越えて恋人になろうとする女性が少なくないのです。

あなたの好きな人と恋人になりたいのであれば、難しく考えずに、まずは話しかける事です。

ほとんど面識がないなら、まずは知り合いを目指しましょう。

知人程度のお付き合いなら、会話を重ねて、友人を目指すことが大切です。

1つ1つ段階を踏んで、人間関係を構築していくことが、結果的に恋愛関係へと発展するのに大切です。

告白する勇気があるのであれば、まずは片思いの男性と今より、距離を縮めることを目指しましょう。

2.距離感を正しく把握しよう

好きな人 冷たいあなたと、片思いの男性との距離感を正しく把握できているでしょうか?

この、距離感を正しく把握して、アプローチを仕掛けることが成功のポイントです。

例えば、あなたの好きな男性が同じ会社の別の部署の男性で、挨拶する程度の関係だったとします。

その関係性で、いきなり

「2人でご飯に行きませんか?」

と彼を誘っても、職場ということもあり、彼は警戒してしまうでしょう。

一方で、あなたの好きな男性が仲の良い同僚で、プライベートでも仲間で飲みに行くような関係性だとすれば別です。

脈ありであれば、2人でご飯に行こうとストレートに誘えば、一気に2人の関係が深まる可能性があります。

脈ありではない、彼の気持ちがわからない場合は、何か理由を付けてご飯に誘えば、来てくれる可能性は高くなります。

このように、好きな男性との距離感をしっかりと把握して、次の関係性へとステップアップしていくことが大切です。

3.駆け引きテクニックはあてにしない

男女の間で、駆け引きは確かに必要です。

しかし、恋愛慣れしていない奥手な女性が無理に駆け引きしようとすると、空回りして失敗します。

無理に駆け引きをするくらいなら、素直な気持ちで相手に接する方がよっぽど、相手の男性に気持ちが伝わります。

メールの返信を遅くする・嫉妬させるなどの小手先のテクニックを駆使するくらいなら、
好きな男性と、今より会話量を増やして仲良くなる方が、2人の仲を深めるのに有効です。

結局のところ、恋愛はコミュニケーションです。

どれだけ、お互いに深いコミュニケーションを取れるかどうかが恋愛に発展するか
どうかに比例すると言っても過言ではありません。

頭で難しく考えずに、好きな男性とコミュニケーションを積極的にとる事を主に重視していきましょう。

 

なお、今まで恋愛が上手く行かなかった女性は以下の無料診断を参考に、
あなたの恋愛傾向を分析してみましょう。あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してもらえます。

 

恋愛傾向チェック

 

1番重要なのは「会話」と「距離感」

片思いの男性にアプローチするというと難しく考えてしまいがちですが、
恋愛は、コミュニケーションですので、まずは相手と会話をできるだけして仲を深める事です。

また、相手との距離感を間違えずに見極めて、アプローチをしていくことが成功への近道です。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る