Mr.Childrenの桜井和寿さんとタレントの吉野美佳さんの
間に生まれた海音さんが、現在、kaito・ドラマーとして活躍しています。

かなりのイケメンですが、ドラムの実力のほどはどうでしょうか?
2019年にはスガシカオさんがミュージックステーションに出演した際に、
バックバンドとして参加しています。

ad by google

ドラマー・海音(kaito)の画像とインスタ

こちらが、海音(kaito)さんです。
どこか、桜井さんのアンニュイな雰囲気を持つかなりのイケメン。
18歳にしては大人っぽいのではないでしょうか?

気になる海音(kaito)さんのドラマーとしての実力ですが、
海音(kaito)さんのインスタでは、彼の実力がわかる動画がアップされています。

めちゃくちゃ、かっこいいですね!
この時は、The Soueysというバンドのサポートとして参加したそうです。

The Soueys

こちらは、「francesca」のサポートドラマーとしてライブ出演した際の動画です。

「THE KIDDYS」のドラマーのサポートとして参加した際の動画です。

海音(kaito)さんドラマーとしての実力【動画】

桜井海音さんの生年月日は2001年6月です。
現在、高校3年生18歳となります。(2019年8月現在)

インスタのアカウントは2018年5月16日に開設されています。
ドラマーのプロとして生きていく覚悟でアカウントを開設したのかもしれません。

海音(kaito)さんの名前は桜井さんが「穏やかな波の音」をイメージして名付けた名前で、
幼稚園から高校まで芸能人の子供が通う一貫校で過ごしてきたそうです。

海音(kaito)さんは中学時代にはサッカーの「東京ヴェルディ」のジュニアユースチーム
に所属し、大会のMVPに輝くほどのサッカー少年だったそうです。

(引用元:NEWSpostseven)

バンドには所属せず

高校の文化祭などでもステージに上がっていますが、
特定のバンドには所属していません。

この時がステージに上がった時でしょうか?インスタに動画がアップされています。

現在は、インディーズバンドのサポートとして活動しています。

海音(kaito)さんは生まれた頃から音楽に囲まれた生活を送っていたため、
彼が音楽に興味を持つのは運命だったのでしょう。

とはいえ、父親はビックアーティスト。
桜井さんの息子という立場に悩んだこともあるそうですが、父親とは違う
ドラマーとしての道を歩き始めました。
(引用元:NEWSpostseven)

ドラマーkaito(海音)まとめ

海音(kaito)さんは着実にドラマーとしての活動を増やしており
実力をつけています。

父親が有名人ということはよくある話ではありますが、
桜井さんの場合は、歴史に残るほどのビックアーティストです。

最近では、ミュージシャンの宮沢和史さんの息子さんである宮沢氷魚さんが
ドラマで活躍されていますが、この場合は、ミュージシャンと俳優という畑が違ってのこと。

海音(kaito)さんは、父親と同じミュージシャンという厳しい道を選びました。
これから先、ミュージシャンとして色々と比較されることも、親のことで色々言われる
こともあるかもしれません。

しかし、それがあるからこそ、大きくなれるところもあるでしょう。
今後の、ミュージシャンそしてドラマーとしての海音(kaito)さんに注目していきたいですね。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです