木村花さんが死去されましたが、Twitterでは第一発見者はジャングル叫女ではないか?と話題となっています。

ジャングル叫女が木村花さんの第一発見者?

プロレスラーのカイリ・セインさんのTwitterでは、「ジャングル叫女とロッシー小川さんに電話しました。きょうなは全力で向かいました。」とツイートしています。

 

「きょうな」というのは、ジャングル叫女さんのことです。
つまり、Twitterからは、中村花さんのTwitterの内容がオカシイと思い、心配し、ジャングル叫女さんは駆けつけましたが間に合わなかったということでしょう。

ジャングル叫女さんは、木村花さんと同じくスターダム所属の選手です。
年齢は、木村花さんよりも7歳ほど年上ですが、ご自身のブログにも、よく木村さんのことを投稿していたので、仲の良さがうかがえます。

妹のように可愛がっている花さんの様子がオカシイと思い、駆けつけたのでしょう。

ジャングル叫女の結婚の真相とは?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジャングル叫女(@j.kyona)がシェアした投稿

 

 

ジャングル叫女と検索すると、「ジャングル叫女 結婚」というワードが出てきます。
そのため、彼女が結婚しているかどうか調べたところ、今のところは独身のようです。

2018年のブログでは、友人の結婚式に参加し「ブーケトスはそもそも独身が少なすぎて前に出て行くのが恥ずかしかった」と発言しています。

なぜ、「結婚」と検索されたのか、予想しましたが、2020年5月現在、ジャングル叫女さんは29歳とお年頃。
そのため、「結婚してるのか?」と疑問になった人に検索されているのでしょう。

ジャングル叫女さんのプロフィールかわいいと話題に

この投稿をInstagramで見る

 

ジャングル叫女(@j.kyona)がシェアした投稿

ジャングル叫女(ジャングルきょうな)さんは、1991年4月1日生まれの愛知県名古屋市出身です。
本名は矢野 享菜(やの きょうな)で、木村花さんと同じスターダム所属です。

学生時代には、ハンマー投げと砲丸投げでインカレに出場し、室伏重信から指導を受けたこともある実力派。
大学は至学館大学を卒業し、卒業後は、青年海外協力隊員としてセネガルに2年間派遣され、小学校の体育教員として活動した経験もあります。

2015年7月に帰国し、青年海外協力隊の友人からプロレスを勧められスターダムに入門しています。

世間の声

ジャングル叫女さんが心配という声が多数

もし、木村花さんが亡くなったのを最初に発見したのなら、ジャングル叫女さんの精神的なダメージは相当なものでしょう。
ジャングル叫女さんと木村花さんは、仲良しだったと思われますので、妹のような存在が急遽亡くなっただけでも辛いもの。

その死を目の当たりにしたのなると、ジャングル叫女さんの精神面が本当に心配です。

ad by google

関連記事


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです