1974年「奇跡の詩(Miracles Still Happen)」という映画が放映されました。
この映画は実際に起こった飛行機事故をモチーフにつくられました。

1971年のクリスマスイブ。17歳のユリアナ・ケプケ
(ジュリアン・カプケット/Juliane Margaret Koepcke)
クリスマスを父親と過ごす為、母とペルー・リマからアマゾンにある
プカルバへと向う飛行機(LANSA Flight 508)へと搭乗しました。

ユリアナ・ケプケユリアナ

出典:CNN

実は、ユリアナの両親はジャングルに生息する野生動物を研究している
有名な動物学者だったのです。

ユリアナらは飛行機「LANSA」が今までに2回飛行機事故を
起こしているのを知っていました。

しかし、どうしてもクリスマスは家族で迎えたいと思い搭乗したのでした。

飛行機が飛び立ち約25分ほどは正常に飛行していました。
しかし、厚い雲の中に飛行機が突入すると飛行機は揺れ、
ユリアナの母はとても怯えていました。

その後、飛行機に雷のような光が見えたかと思うと
飛行機は急降下していきました。

この時、燃料タンクが雷に打たれて、右の羽が壊れた事が
後の調査で分かりました。

ユリアナは機内でクリスマスプレゼントが飛び交うのを
見て、人々の叫び声を聞きました。

ついに機体が空中分解した時、ユリアナは外に放り出されました。
そして、飛行機はどこかに行ってしまったのです。

ユリアナは宙に放り出された時、下に森林が見えましたが、
その後、意識を失いました。

ユリアナは3キロ以上下のジャングルに落下しましたが、
奇跡的に軽傷で助かりました。

ユリアナ以外の91名の乗客は亡くなり、
生存者はユリアナたった1人となりました。

ユリアナはスピリチュアルに全く興味がありませんでしたが、
『私だけ助かったのには、何か意味があるのだろうか?』
と考えるようになったと後に語っています。

軽傷ですんだものの、ユリアナは鎖骨にダメージを負っており
右目は大きく腫れていました。

また、脳震とうもおこしており手足には大きな切り傷もありました。

ジャングルに落ちた次の日の朝9時までユリアナは起きる事が
できませんでした。
ユリアナの時計は壊れていなかったため、時間が分かったそうです。

彼女の恐ろしい体験は飛行機事故だけでは終わりませんでした。

レスキュー隊や調査機は、墜落現場を特定できず、ユリアナが
ジャングルに1人いるなど知る由もありませんでした。

しかしユリアナは両親と研究所で過ごしていた際、
父親から『ジャングルで生き残る方法』を教えてもらっていました。

ユリアナの父親は
『小川を見つけたら、川の流れにそって歩きなさい。
そうすれば大きな川にたどり着ける。そして手助けになるものが
何か見つかる』とユリアナに伝えていたのです。

ユリアナは父の教え通り、事故の翌日に小川を見つけ、流れに
沿って歩き出しました。

それはとても厳しい道のりでした。

ユリアナが持っていた食糧は少しのキャンディだけであり
彼女の傷はすでに寄生虫に蝕まれようとしていました。

事故から数日間、ユリアナは腕の傷に何かがいる事は
分かっていました。
よく見ると腕に負った小さな穴のような傷の中は
うじ虫で埋め尽くされていました。

彼女は腕を失うのではないか?という恐怖とともに戦っていました。

ユリアナの傷の中からは50以上のうじ虫がいた事が
救出され治療を受けた後に分かりました。

ユリアナは下流へと歩き続けている途中、飛行機の残骸や
3名の女性の犠牲者を見つけました。

ユリアナは自分の母親ではないか確かめる為、
靴を脱がせ爪をみました。女性はネイルをしていました。
ユリアナの母親はネイルをしたことがなかった為、
その女性らはユリアナの母親ではない事を知ったそうです。

その後もユリアナはクロコダイルやピラニアのいる川を
沿って歩きました。

時々、クロコダイルがユリアナに向かって水中を歩いて
きましたが、全く怖くなかったと語っています。

何故なら、クロコダイルは人間を襲わないとユリアナは
知っていたからでした。

歩き続けて10日後、ユリアナの体力は限界にきていましたが
ボートと小さな小屋をついに見つけました。

彼女はそこで救助がくるのを待ちました。
そして次の日、ペルーの木材の切り出しを行なっている
集団がユリアナを発見。隣の町までユリアナを運びました。

ユリアナが救出されてからメディアは『奇跡の少女』と騒ぎ、
会った事のない数百の人々から自宅に手紙が送られてきていた
そうです。

ユリアナは回復後、キール大学で両親のように生物学を学び
哺乳類を専門に研究を行いました。

現在は、ミュンヘンのバイエルン州立動物博物館
司書として働いています。

引用元:CNN


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです