上司からのネチネチした小言がストレス・対処方法とは?


 

 

「スイッチが入ると上司からネチネチ説教される。」

「上司の機嫌が悪いと、無意味な小言を言われてしんどい。」

 

あなたは、上司の態度・言動にストレスを抱えてはいませんか?

 

管理人も、以前はネチネチ上司の元、働いていました。

 

上司からのネチネチした小言が酷いと、
「腹が立つ」を超えて、精神的に参ってしまいますよね?

そこで、ネチネチ上司にストレスを抱えないための
3つの対処方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

1.上司はかわいそうな人だと思う

上司 小言 ネチネチ
上司の小言がはじまったら、

態度は、しっかりと聞くふりをして、

頭の中では、

「右から左に受け流す」

癖をつけましょう。

 

最初は、腹が立ったり、悲しくなったりしますが、
徐々に慣れてきます。

 

「ああ、また、小言がはじまった。」

「上司は、ストレスが溜まったかわいそうな人だな。」

 

と、同情心を持って相手を見ると、意外に耐えられたりします。

 

2.それでも耐えられなくなったら?

同情心で、上司の小言を右から左に受け流しても、
パワハラに近い小言の場合、あなたの精神を壊してしまう
危険があります。

 

そのため、退職までの「目標」を立てましょう。

・今の会社で、どれくらい経歴を積んだら転職に有利なのか?
・今の会社で、どれくらいの知識を盗めるのか?
・あと何年働けば、自分のキャリアに自信が持てるのか?

まず、これらの事を一度、真剣に考えてみてください。

管理人の場合は、上司から、何でも屋扱いで、
たくさんの仕事を押し付けられました。

しかし、そのうち、それが「将来の自分の役に立つ」
と気づいたので、

「知識を、できるだけ盗んで、自分のキャリアに生かそう!」

と発想の転換をしました。

 

また、自分の経歴的に、
「今の会社で3年で経験があれば、転職もできるし、
自分自身が自信が持てる。」

 

という結果に行き着きました。

3年で辞めるという目標ができたので、
上司のネチネチした小言に耐えられなくなりそうな時も、
なんとか耐え抜けました。

 

結局、3年より少し前に会社を辞めて、フリーランスになりましたが、
今では、その上司に感謝しています。

 

3.転職先がたくさんあることを知る

もし、あなたが上司の小言に耐えられなくなり、
仕事を辞めたい!と思っていても、

 

「辞めて仕事が本当にあるのか?」

不安になり、ズルズルと会社に居続けて、ストレスを抱える場合もあります。

 

そのため、転職のプロに一度、相談に行ったり、

「自分は、どんな会社に転職できるのか?」

知る事も大切です。

転職エージェント↓
【第二新卒エージェントneo】

DODAエージェントサービス

また、正社員に疲れた、正社員になる前に、
派遣社員として働いて様子をみたいという方は、
紹介予定派遣などという方法もあります。

派遣・紹介予定派遣↓
マイナビスタッフ

 

どうしようもない精神状態になった時、

どんな転職先があるのか?ある程度知っておけば、
精神的にかなり楽になります。

 

また、ハローワークでは、職業訓練が行われています。

 

一般的には、失業保険は、自己都合で辞めた場合、3ヶ月後に支払われますが、
職業訓練を受けた場合は、訓練スタート時から、失業保険が支払われます。

このように、国のサポートや、転職エージェント、派遣など、
さまざまな方法を知っておくと、いざという時に、役に立ちます。

まとめ

上司のネチネチした小言がストレスで、
仕事を辞めたいと思っていても、

「そんな事で、辞めていいのだろうか?」

と真面目な人は思ってしまいがちです。

 

もちろん、上司の小言を右から左に受け流すことができるなら、
今の仕事場で問題ありません。

 

また、上司より能力がある人であれば、
出世して上司を部下にしてしまえる人もいるでしょう。

 

しかし、上司の態度にストレスを抱え続けて、うつ病になりそう。

という人は、辞めるまでの目標を設定し、転職するのも1つの手です。

 

仕事は大切ですが、1番は、あなたの健康や精神状態です。

あなたを大切にできるのは、あなただけです。

もし、悩んだり、迷ったりしたら、あなた自身の本音と向き合ってみてください。

以下の記事も是非、ご参照ください。

30代が「仕事辞めたい理由」を上司に伝えた時の3つの理由と体験談


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る