自分にだけ冷たい4つの男性心理|気になる子には冷たくしちゃう?


自分にだけ冷たい男性がいると、
嫌われてるの?それとも、好き避け?と悩んでしまうものです。

エムコ
男性は好きな女性には基本的には優しいのではないですか?
恋愛部部長エイミー
6割以上の男性は、好きな女性には優しくできます。
ですが、残りの4割の男性は好き避けのような態度を
とってしまうとアンケート結果で分かっています。

スポンサーリンク

気になる女性に冷たい態度をとってしまう男性心理

出典:pairs

pairsが行なった調査によると、

「気になる女性に、思わず冷たい態度をとってしまった経験はありますか?」

という問いに対して、
はいと答えた男性は、39.8%もいました。

一般的には、気になる女性ができると男性は優しくなりますが、
約4割の男性が、冷たい態度をとってしまった事があると答えています。

では、その理由は一体なんなのでしょうか?

1.照れ隠し

「自分の気持ちを知られるのが恥ずかしいからだと思います」(40代)
「恥ずかしいとか周りからの視線を避けたいため」(30代)

(引用元:DIME)

奥手な男性は、自分の素直な気持ちを相手や他人にバレてしまうのが恥ずかしいようです。

冷たい態度を取る事で、
「あなたのことは何とも思っていません。」
「彼女の事を狙っている訳ではない。」

と他人の目ばかりを気にしている男性とも言えるでしょう。
つまり、「好き避け男子」ですね。

2.構って欲しい

「振り向いて欲しい、甘えたいという気持ちから」(50代)
「冷たくする事で、こっちを気にしてくれないかなと」(40代)
「突然そっけなくして自分に関心を持って欲しいので」(30代)
(引用元:DIME)

小学校の頃は、気になる女の子に意地悪をして
相手の女性の気を引こうとした男性も多かったでしょう。

ですが、大人になっても男性は、女性に意地悪(冷たい態度)をして、
気を引きたいという子供な部分を持った人も意外と多いです。

10代の男性ならまだわかりますが、
意外にも30代以上の男性が、「構って欲しくて冷たくしてしまう」
と答えており、素直に優しくできない男性が多い事が分かります。

3.好きな人に気持ちを悟られたくない

「自分の中でも整理がつかず、その時点ではまだ気付かれたくないのだと思う」(20代)
「立場を優位にするため。好きだと思われたら不利だと思う」(20代)
「意識してるのを悟られまいとする変なプライドかと」(40代)(引用元:DIME)

男性は、自分の気持ちに気付くのが鈍感だと言われています。
周りは、「あいつは、彼女の事が好きだ」と勘づいていても、
当の本人は、その好意を認めたくないという本能から、気持ちの整理が付いていないケースも。

そんな曖昧な気持ちの時点では、相手に気持ちを悟られたくないという男性もいました。

また、基本的に男性はプライドが高いですが、
中でも、「好きだと自分の方が下になる」という気持ちから、好きだと悟られたくない超プライドが高い男性もいるようです。

4.嫉妬

「どうせ他の人からも言い寄られてるんやろ?っていう嫉妬心だと思います」(20代)
「不安や嫉妬で素直になれません」(20代)
「他の人と話しているのを見て苛立って」(10代)
(引用元:DIME)

気になる女性が、他の男性と仲良く話しているのを見たりして、
感情的になって、冷たい態度をとってしまう男性も多いよう。

女性だけでなく、男性も好きな人ができると不安になったり嫉妬したりして、素直に
なれない男性も少なくないようです。

では、これらのアンケート調査結果を元に、
自分にだけ冷たい男性心理をみていきましょう。

いつも男性に冷たくされる女性は

以下の無料診断を受けてみましょう。

20歳以上限定ですが、あなたの恋愛傾向を数値化して具体的に分析してくれます。

恋愛傾向チェック

自分にだけ冷たい男性心理

1.好き避け

今までのデーターからもわかるように、
約4割の男性は、気になる女性に冷たい態度をとってしまいます。

他の女性には普通に接しているにも関わらず、
自分にだけは厳しい・冷たいという場合には、少なからずあなたを意識していると言えるでしょう。

特に、プライドが高かったり、職場で立場がある男性の場合などは、
このように冷たくするなどして、相手や周囲に気持ちを悟られたくないという気持ちが働きやすいです。

2.勘違いさせたくない

あなたが、何度も男性をデートに誘ったり、
あからさまに相手の男性に好意アピールを続けていて、
男性があなたの好意に気が付いている場合にも冷たくなる事があります。

それは、何らかの理由で、あなたの好意に答えられないケースです。

ですから、冷たい態度をとって「あなたとこれ以上の関係にはなりたくない」と示しているのです。

ですが、あくまでも男性は「鈍感」な生き物です。

毎日ラインする、デートに誘うなどわかりやすい好意アピールをしていない限り、
「勘違いさせたくない」といった意図で冷たい対応をする男性は、ほぼいないでしょう。

3.嫌い避け

どんなに冷たい態度をとっていても、何かとちょっかいを出してくるなら「好き避け」です。

男性は、とても正直であり冷静です。

基本的に、嫌いな女性がいても普通に話しますし極端に冷たく接する事もないでしょう。

とにかく、淡々と対応して、出来るだけ関わらないように心がけます。

ですから、あなたにだけ異常に冷たいという場合には、
相手の男性が、常識のある男性であれば、好き避けの可能性が高いです。

あなたが嫌われている場合には、ほとんど接点を持たれませんし、
「冷たい」と感じる機会すらほとんどないと言えます。

4.そういう性格

ごく稀ではありますが、誰にでも冷たい態度をとってしまう男性も存在します。

無愛想で職人気質で、気難しい男性をイメージしてもらえると分かりやすいです。

こういった無愛想な男性は、仲良くなると優しくなる人がいる一方で、
基本的に「冷たい態度」が素である男性も少なくありません。

一昔前であれば、「亭主関白」的な男性ですが、
今は、「モラハラ男」と言われてしまうリスクもあります。

彼らは、基本的にプライドが高くて、自分が常に上で居たいので、
人の機嫌を取るようなことは滅多にしません。

ただし、中には打算的な男性もいて、自分の利益になりそうな人には、
気を遣って親切にする男性もいます。

このような、モラハラ気質・亭主関白タイプの男性は、
気になる女性に対しても、冷たい態度をとってしまう傾向があります。

あなたにだけ冷たいのではなく、大体の人に基本は冷たいはずです。

ですが、その中でもずば抜けて、自分にだけ冷たいと感じるのであれば、
彼は、あなたを意識している可能性があります。

自分にだけ冷たい男性心理まとめ

男性は基本的には単純です。
好きな女性には優しくしたり特別扱いします。

ですが、約4割の男性は好きな女性に冷たくしてしまいます。

それは、プライドの高さや、職場など置かれている環境・立場から
冷たくしてしまうケース多いです。

男性それぞれ、冷たくしてしまうには理由が違います。
もし、あなたの好きな人が「自分にだけ冷たい」と感じているのであれば、
相手の本当の気持ちは、相手にしか分かりません。

女性の告白の成功率は男性よりも高いです。
その時には、勇気を持って思いを伝えてみましょう。

脈なしでも女性からの告白の成功率は50%以上で、逆転の可能性も?


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る