自分に自信がない女性が自信を持つ為の5つの方法とは?


スポンサーリンク

1.過去に「男性にしてもらったこと」を思い出す

今まで男性にしてもらってうれしかったこと。
男性に助けられたこと。
など、思い出してみましょう。
例えば、あなたに彼氏がいたのであれば、
いつも車で迎えに来てくれた。
いつも食事はおごってくれた経験などを思い出してみましょう。
今まで交際経験がない人も、
男性に思い物を持ってもらった、
会社の上司に、食事をおごってもらった。
男性に、ドアを開けてもらったなどと、男性に優しくしてもらったことを思い出してみましょう。

2.愛された経験を思い出す

あなたが今生きているのであれば、
愛された経験が必ずあるはずです。
もしあなたにご両親がいなくとも、
育ててくれた人の愛情が少なからずあるから、
今生きていられるのです。
いつもご飯を作ってくれた母親。
あなたの学費を稼ぐために、毎日夜遅くまで働いている父親。
毎日、遊んでくれたお兄ちゃん。
など、あなたが当たり前のように思っていることも
実は、当たり前ではありません。
両親や兄弟、あなたに関わる全ての人々からの愛情を思い出してみましょう。

3.自分の長所を挙げてみる

あなたの長所は、あなたが気づいていないだけで、たくさんあるはずです。
あなたの長所、30個あると決めて、
あなたの良いところを思い出してみてください。
きっと、30個以上いいところがあるはずです。

4.3つのコトを紙に書き出そう

今までに、男性にしてもらってうれしかったこと、
愛されていた経験、
自分の長所を、紙に書き出してみましょう。
頭で思い出すだけでは、意外に、思い付かないものです。
紙に書くことで、頭が整理され、どんどんと思いつくことも多くなるでしょう。
また、紙に書くことで、自分の長所や、愛された経験を客観視することができます。
定期的に、これら3つのことを思い出して、紙に書き出してみましょう。少しずつではありますが、自分に自信が持てるようになるはずです。

5.最後に笑顔をマスターしよう

自分に自信のない女性は、
無表情になりがちです。
しかし、自分に自信がないからこそ、
笑顔をマスターしましょう。
不思議と、笑顔マスターすると、
自信が湧いてくるものです。
そして、自分に自信がなく人見知りの女性も笑顔さえマスターすれば他人に話しかけられやすい雰囲気を作ることができます。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る