安倍総理と同じ病気「潰瘍性大腸炎」で闘う俳優の井澤こへ蔵さんが話題となっています。
個人的に、どんな俳優さんなのか気になったので、井澤こへ蔵さんの経歴などについて調べてみました。




井澤こへ蔵(俳優)のwiki経歴【顔画像】

井澤こへ蔵
本名:井澤耕平
生年月日:5月21日(恐らく1994年)
学歴:和歌山大学

井澤こへ蔵さんは、2020年9月現在、26歳と紹介されていますので、1994年生まれだと思われます。
家族構成は、父親・母親・弟とのこと。

現在、映画監督である木下半太さんが主宰する劇団「なにわニコルソンズ」で活動しており、コロナの影響もあってか劇団はオンライン演劇をメインに活動しているようです。

なお、井澤こへ蔵さんは、ある作品のオーディションを受けており、もし合格したら「自分のルーツを舞台や映画にする作品に出演できるチャンスがあるので、頑張っているところですね。」とインタビューに応えていますので、そのうち広く名前が知れ渡るかもしれませんね。

ad by google

井澤こへ蔵さん、大学のときに「潰瘍性大腸炎」を発症

井澤こへ蔵さんは、大学生のとき21歳で「潰瘍性大腸炎」を発症。
大学4年生の前期までは学校に通っていたものの、1年間休学して自宅て治療に専念。

10ヶ月ほど、ほぼ家にいて寝るだけという生活を送っていました。

復活のきっかけは「忍者」

あるとき、和歌山城で忍者のアルバイトをしている友人から、「忍者やってみる?」と声をかけられたことがきっかけで復活したのだとか。

そして女優の高橋メアリージュンさんが同じ病気であることを知り勇気をもらい、俳優を目指すきっかけとなったようです。

井澤こへ蔵さんの出演作品としては、これまで舞台「鈴木ごっこ」「お通夜イレブン」、オンライン演劇の「こちらトゥルーロマンス株式会社」があります。

なお、井澤こへ蔵さんは以下アメブロもされています。

井澤耕平のブログ→

参考:井澤こへ蔵さんTwitterFacebookYahoo




世間の声

こんな大変な病を患いながら、安倍さんは激務をこなしておられたのですね。
当該病気の詳細を伝えず、安倍批判に終始していたマスゴミに、憤りを覚えます。
完治はしませんから、元の食事にゆっくりと戻した後も、体調を崩せば制限したり、病院で検査してもらったりしています。可哀想だけど、これは一生付き合っていくしかないですね。
人生が一変するぐらいの酷い症状が、若い世代に永続的に出てしまうというのがこの病気の辛いところ。勉強や仕事に大きな支障が出るのはもちろん、外で食べられるものが限られると人付き合いも難しくなるので、将来への不安も相まって結婚もしにくくなる。

引用元:Yahooコメント

Yahooコメントには、同じ病気で戦っている方や、近くに同じ病気の方がいる方々が多くコメントされています。

わたしは、この病気についてよく知らなかったのですが、完治が難しく大変な病であることを知りました。

そのような大病をかかえながら、安倍総理および、女優の高橋メアリージュンさんが活動していることを知ると、本当にすごいなとしかいいようがありません。また、同じく井澤こへ蔵さんも病を抱えながら、俳優としてのキャリアを歩いています。

同じ病気を持つ人々に、勇気を与えてくれるのではないでしょうか。
今後の井澤こへ蔵さんの活躍を期待しています。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです