「ポールダンス」
といえば、ラスベガスでのショーダンス。

どちらかと言えば、大人なダンスというイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、実は、ポールダンスは
オリンピック参加を目指す競技となっており、
立派なスポーツとして確立しています。

そんな、ポールダンサーとして、世界大会などにも
出場しているのが、ポールダンサーの
岩崎知愛里(いわさきちあり)さん。

ad by google

岩崎知愛里(いわさきちあり)とは?

岩崎知愛里 ポールダンス

出典:trendy

岩崎知愛里(いわさきちあり)さんは、大阪枚方市に住む中学1年生です。
(2017年現在)

2016年4月に大阪で行われた
全日本ポール・スポーツ選手権大会(6歳~14歳の部)で小学6年生の時に優勝し
日本一となりました。

ポールダンスとの出会いは小学1年生の時

知愛里さんが小学1年生の時に、
お母様がフィットネスの一環で始めたポールダンスがきっかけ。

ちなみに、今でも親子でポールダンスをされています。

母に連れられていったショーのパフォーマンスを見て釘付けになったといいます。

それから
「わたしもやりたい!」
とのことで、小学2年生からポールダンススタジオに通うように。

それからは、ポールダンス漬けの毎日を送り、
小学6年生の時に、見事優勝し、ロンドンでの世界大会にも出場しました。

(引用元:city.hirakata.osaka.jp

キッズポールダンサーも増加中

最近では、ポールダンスをはじめるキッズも多いのだとか。

上の動画は、ブルゾンちえみをイメージしたダンス。

小学生なのに、エロかっこいいですね。

まとめ

知愛里さんのポールダンスを見ていると、
「色気」と「美しさ」が融合した
アクロバティックな立派なスポーツだなと感じます。

是非、ポールダンスがオリンピック競技として認められて、
オリンピックで活躍する知愛里さんたちの姿をみたいものですね。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです