色気がないと言われる?色気がない女性の3つの特徴と対処方法


 
こんにちは!恋愛部部長のエイミーです。
 
最近、友人から
 
「私、男友達に、お前は色気が無い!
と良く言われるんだよね。
いったい、色気ってなんだろう?」
 
と相談されました。
 
では、色気のある女性と無い女性、その違いは何でしょうか?
 
今回は、色気の無い女性が持つ3つの特徴と、
色気を出す方法をご紹介します。
 

スポンサーリンク

色気は女性らしさ

胸が大きいとか、ミニスカートなら色気が出るのか?
というとそうではありません。
 
確かに、分かりやすい格好や外見は、
「エッチな女性」
だと思われることは間違いありません。
 
しかし、
あなたが目指す「色気」は、
どちらかといえば、
自然に醸し出される色気ではないでしょうか?
 
 
女の色気とは、一言で言うと
「女性らしさ」
だと言えます。
 
では、具体的に女性らしさについて見ていきましょう。

1.愛嬌がある

どんなに美人でも、無表情で無愛想な女性に
男性は「色気」を感じることはありません。
 
 
ほとんどの男性が、
愛嬌のない美人より
ブスでも色気があり愛嬌がある女性を選ぶもの。
 
それだけ、愛嬌のある女性に男性は魅力を感じます。

2.仕草が丁寧

女性の中でも、仕草がガサツであったり、
男っぽい女性がいますよね?
 
逆に、仕草が丁寧な女性は、
品があって色気を感じるものです。
 
仕草がどうしても男っぽい人は、
スカートを履いてみましょう。
 
着物を着ると、「仕草」が変わって色気を感じますが、
スカートも同じです。
 
是非、スカートを履いて女性らしさを思い出しましょう。
 

3.男性と競争しない

キャリアウーマンが増えた為、
男性と競争してしまう女性が増えてきました。
 
男性は、男性と張り合おうとする女性を
女性とは見なさず、「ライバル」として捉えます。
 
仕事ではある程度、仕方ないことかもしれません。
 
 
しかし、プライベートで、色気を出したい、
女性として見られたいと思うのであれば、
男性を立てて、手のひらでコロコロできるくらいの
心の余裕のある女性でいたいものです。
 
 
女性らしさについては、以下の記事もどうぞ!

30代独身でモテる女性には女性らしさがある。彼女たちの持つ4つの特徴

色気を出すには?

 
色気を出すには、
あなたの「女性らしさ」を取り戻す事です。
 
 
社会に進出する女性が増えたり、同性の目があり、
「女を出すのはいけない事。」
 
だとか、
 
「女を出すのは恥ずかしい事。」
 
だと思っている女性が少なくありません。
 
 
しかし、
あなたは、男性に対して、
 
「男らしくいて欲しく無い」
と思うでしょうか?
 
おそらく、多くの女性が、
 
「男らしくいてほしいし、男らしい人に魅力を感じる」
 
と答えるかと思います。
 
 
男女の色気とは、
男が男らしく。
女が女らしく。
ある事だと思います。
 
女性が女性らしくあることは、とても自然な事なのです。
 
しかし、
 
「いきなり、女性らしく振舞うなんてでき無い!」
という方は、
形から入りましょう。
 
 
普段、ズボンばかりなら、
スカートを履く日を増やしてみる。
ショートカットの女性なら、髪を伸ばしてみる。
また、女性らしい「匂い」をまとってみるなどです。
 
 
形から入ると不思議なもので、
自然と女性らしさは出てくるものです。
 
 
まず、外見を変える事からスタートしてみてください。

匂いは男性の本能を刺激する

 
中でも、「匂い」を変える事は、
明日からでもできる事です。
男性は、女性の匂いにとても敏感です。
 
 
匂いは感情を司る脳の部位が近いので、
記憶に残りやすく、
その匂いを嗅ぐと、その時の感情などが強く思い出されます。
 
 
ある香水の匂いを嗅いで元彼の事を思い出したことはありませんか?
 
 
それだけ、匂いは、あなたを彼に強く印象付ける
強力な武器になります。
 
 
それだけ匂いは脳に刺激を与える事から、
男性の本能をくすぐる作用もあるのです。
 
 

リビドーロゼには、
 
インドネシアのカップルが結婚初夜にベッドに敷き詰める花
「イランイラン」が配合されています。
 
 
イランイランは、男性の本能を刺激すると言われています。
 
 
また、同じく男性の性衝動を刺激すると言われている
「オスモフェリン」も配合。
 
 
リビドーロゼを開発している会社は、大人のおもちゃなどを
開発しているところなので、その手のプロです。
リビドーロゼの詳細はこちら→


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る