福岡県の久山町と宮若市にまたがる心霊スポットでも有名な「旧犬鳴トンネル」。
ここでは、ゴミの散乱や落書きなどが問題となっています。

今回は、旧犬鳴トンネルの場所の詳細な地図やストリートビュー・悲惨な事件、映画情報をご紹介します。




旧犬鳴トンネルの場所の地図・詳細

問題となっている「旧犬鳴トンネル」の詳細の住所は「福岡県宮若市犬鳴」となり、福岡中心部から約1時間ほどのところにあります。
日本最大心霊スポットと噂されるほど有名な場所ですが、普段はフェンスなどがあり立ち入り禁止になっています。

旧犬鳴トンネル
googlemapより

上記のように厳重に施錠されています。

旧犬鳴トンネル
googlemapより

「立ち入り禁止」「警察に通報」などの看板があるものの、侵入する人たちは多いのですね。

旧犬鳴トンネル
googlemapより

上記は、フェンスが壊されている様子でしょうか?

旧犬鳴トンネル
googlemap

夜は異様な雰囲気のトンネル入り口ですね。

旧犬鳴トンネルのストリートビュー

旧犬鳴トンネルをグーグルマップのストリートビューで見ると、上記のようになります。
詳細などはストリートビューでは見られず、あるスポットしか見れないようになっています。

実際に、旧犬鳴トンネルに行っているユーチューバーの動画を見つけました。

旧犬鳴トンネルで起こった悲しい事件

1988年、少年5人らが車を窃盗しようとある20歳の工員の男性に目をつけました。
男性工員は、たまたまそこを通り掛かったのですが、逃げようとして殴る・蹴るなどの暴行を受け、ガソリンを浴びせられるという悲惨な事件が起きています。

あまりにも内容が卑劣なので、ここでは割愛しますが、何も罪もない男性が集団暴行をうけたのちに、ガソリンを浴びせられ亡くなるという痛ましい事件です。

映画「犬鳴村」

呪怨シリーズの清水崇監督が映画化したのが「犬鳴村」という作品で、2020年2月7日から公開されました。
「犬鳴村伝説」を元に作られた作品です。

【あらすじ】
臨床心理士の森田奏(三吉彩花)の周りで、不思議な出来事が起こる。奇妙なわらべ歌を歌う女性、行方不明になった兄弟など、彼らに共通するのは心霊スポット「犬鳴トンネル」だった。さらに突然亡くなった女性が、死ぬ間際にトンネルを抜けた後のことを話していた。奏は何があったのかを確かめるため、兄たちと一緒に犬鳴トンネルに向かう。

世間の声

ゴミは持ち帰ってほしい

今回の問題で、映画制作者のせいになるのはあまりにも可哀想です。
迷惑行為によって、今後、このような映画制作が撮影できない可能性もあります。

また、今回の問題で過去に起きた事件を知りました。
とても悲しい事件で、その事件を知っていれば、興味本位でトンネルには近付かないと個人的には思うのですが…


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです