命売ります原作・あらすじ|三島由紀夫の人生


BSJAPANで、2018年から放送される

中村蒼さん主演のドラマ「命売ります」は、

三島由紀夫原作のドラマです。

スポンサーリンク

ドラマ「命売ります」あらすじとは?

主人公の山田羽仁男(中村蒼)は、自殺を図ったものの、死ぬ事に失敗。

そんな羽仁男は、助かった自分の命を売り物にして商売する事を思い立ちます。

毎回、羽仁男の所には、様々な依頼人が「奇妙な要求」をしていきます。

最初の客は、岸(田中泯)。彼の依頼は、
自分の若い妻(橋本マナミ)と関係を持ち、
その愛人(大杉漣)に見つかって殺されてほしいという奇妙な内容でした。
(引用元:BSJAPAN

原作「命売ります」あらすじとは?

三島由紀夫の生誕90年、没後45年という節目の年を機に、
「隠れた怪作小説発見!」と銘打って重版され、部数を伸ばした原作本の「命売ります」。

原作は、異例の大ヒットを記録し、ベストセラーとなり、現在も三島由紀夫ファンを増やす
きっかけの小説となっています。

あらすじ

ある日、27歳のコピーライター・山田羽仁男は、
いつも読んでいた新聞の活字が「ゴキブリ」になって逃げるように見えてしまいます。

新聞の活字だって、ゴキブリになってしまったのに、
生きていても仕方ないと、羽仁男は大量の睡眠薬を飲み、自殺を図ります。

しかし、自殺未遂に終わった羽仁男は、
もはや自分の命は必要ないと思い、会社を辞めることに。

そして、新聞の求職欄に「命売ります」という広告を出します。

最初の依頼者は、とある老人。

老人の妻は50歳年下のるり子。

るり子は、成金悪党の三国人の愛人となってしまったことを話し、
羽仁男がmるり子の間男となって2人でその三国人に殺されてほしいというものでした。

羽仁男は、依頼通り、るり子の部屋に行きますが、
愛人の三国人は、秘密組織ACSの人間ということでした。

依頼通り、羽仁男は、るり子とベッドインし、三国人に見つかりますが、
殺されずに返されます。

しかし、るり子は、翌日、死体となって発見されました。

次の依頼者は、図書館の女司書。
その女も秘密組織ACSが関わっている依頼者でした。

その後も様々な依頼人が羽仁男を訪れますが、
秘密組織ACSが絡んできます。

実は、秘密組織ACSは、「命売ります」と広告をうった
羽仁男を「おとり捜査官」だと思っていたのです。

続きは、是非、小説をご覧ください。

命売ります (ちくま文庫)→

三島由紀夫の人生とは?


三島由紀夫は、戦後、活躍した小説家です。
幼少期から、詩や俳句をたしなんでいました。

大学卒業後は、大蔵省事務官として勤務。

三島は、その文章力を
期待されますが、演説原稿に、

「私如きハゲ頭のオヤジがまかり出まして、御挨拶を申上げるのは野暮の骨頂でありますが・・・」

などと記載し、大変怒られたそうです。

大蔵省事務官としては続かず、小説に専念するため、退職。

その後、初めての私小説「仮面の告白」を執筆し、
テーマが「同性愛」とのことで注目を浴びます。

その後、小説家として活躍するかたわら、
私生活では、「もて男」として注目を浴びます。

結婚が噂されたシャンソンの女王の越路吹雪さん。
越路吹雪さんについては以下の記事も是非、ご覧ください。

越路吹雪物語は実在シャンソンの女王|岩谷時子・三島由紀夫・内藤法美

美輪明宏さん、若尾文子さんなど、数々の女優などと
噂となります。

その後、ボディービルに挑戦したり、映画に出演し、
晩年は、政治への興味を強め、自衛隊に体験入隊。

民兵組織「楯の会」を結成。

その後、憲法改正のため、クーデターを呼びかけ、
楯の会とともに、東部方面隊(とうぶほうめんたい)の総監を監禁。

バルコニーで演説後、割腹自殺・45歳でした。(三島事件)

(参考文献:wikipedia)


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. 足 臭い 原因 女
    足や足の裏の臭いが気になる季節になってきました。 特に女性にとって足の臭いは、死活問題かもしれませ…
  2. 頭皮 臭い 女 シャンプー
    暑い季節になると、頭皮からの臭いが気になる女性。 年中、体質的に頭皮から臭いが発せられている方もお…
  3. モリモリスリム
    えむえむは、長年、便秘に悩まされていました。 というか、もう便秘なのが、当たり前で、毎日、コーラッ…
  4. 仕事辞めたい 理由
    「仕事を辞めたい!」と、強く思ったことのある経験がある方は多いでしょう。 しかし、仕事を辞めるとい…
  5. 仕事辞めたい 死にたい
    「仕事を辞めたい。と思ったことがある人、手をあげてください。」 と言ったら、100人中、99人の人…

特集ページ

M記者の実際に試してみました!

  1. ボルダリング ダイエット 効果 女性
    ここ数年で「ボルダリング」というスポーツが急速に広まり、 各地にボルダリングジムも増加してきたよう…
  2. ハーシェルサプライ リュック 人気
    夏フェス・ライブ好きには必須といっていいリュック。 今年は、県外のライブに行く事が多くこの機会にし…
  3. アウトドア リュック 容量
    OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)人気のリュックの1つ デイパックの容量…
  4. 化粧崩れ防止 スプレー
    最近、暑い日が増えてきました。夏になると「化粧崩れ」に 悩む女性も多いのではないでしょうか? 特…
  5. 暴飲暴食 ダイエット
    こんにちわ。暴飲暴食が趣味になりつつある、えむえむです。 暴飲暴食と、体重維持&ダイエットは共存可…
ページ上部へ戻る