第161回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まりました。

芥川賞を受賞したのは今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」です。

今村夏子さんはこれが3度目のノミネートとなり
3度目の正直となりました。

ad by google

芥川賞を受賞した「むらさきのスカートの女」とは?

今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」のあらすじは、

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない〈わたし〉は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で働きだすように誘導し……。

というもの。

今村夏子の経歴・アルバイトをクビになって小説家に?

今村夏子さんは1980年2月20日生まれの39歳(2019年現在)
広島県に生まれました。

その後、大阪の大学に進学しますが、大学名は非公表です。

大学卒業後には、就職せずに25歳〜30歳頃までホテルの清掃員のアルバイトをしており、
バイト先から「明日、休んでください」と突然言われた事で、

「小説を書いてみよう」
と思いつき、29歳頃にノートに手書きで小説を書き始めました。
そしてその時の作品が、2010年、太宰治賞を受賞した「あたらしい娘」です。

ちなみに、今回、芥川賞を受賞した「むらさきのスカートの女」も、
作中でホテルの清掃員として働くことになります。

(引用元:AERA)

また2017年、「星の子」で第157回芥川賞候補となり、第39回野間文芸新人賞受賞していますが、
その時のインタビューでご自身の子供時代について

「主人公よりもおとなしい感じで、特定の人としか話さない」「小さいころから、何事も人並みにできないことで劣等感を抱えていた」「周りで起きていることを、みんなが何も見なかったように生きていることが不思議でした」

と語っています。

(引用元:AERA)

今村夏子の旦那と娘について

今村夏子さんは、2013年に結婚されており大阪市内で暮らしていらっしゃいました。
その後、2017年2月に娘さんを出産されています。

今回、芥川賞を受賞しましたが、受賞会見で、夫にはまだ報告してないと打ち明けており、
「読んでもらいたいとは思わないから」と苦笑いされています。

一方で「今後は娘にも読ませたいと思えるもの、書きたいですね」とインタビューで語っています。

(引用元:livedoor)

今村夏子・芥川賞受賞に対する世間の声

今村夏子まとめ

今村夏子さんは、今回、3度目の芥川賞ノミネートとなり
見事、受賞となりました。

今村夏子さん自体、とても人見知りのようで多くを語らないタイプの女性だそうです。

彼女が小説を書き始めたのは29歳の時。
アルバイトをクビになって、ふと「小説をかこう」と思ったのがきっかけです。

その直感を信じたおかげか、2010年に、その時に書いた「あたらしい娘」が太宰治賞を受賞しています。

プライベートでは2013年に結婚し、2017年に娘さんが生まれています。

今後も、今村夏子さんの作品が楽しみですね。

【おすすめ記事】

■年齢・外見関係なく一生深く愛される方法:アラサーからの恋愛マニュアル

■彼の今のあなたへの気持ちを知る方法:男には好きのレベルが6段階ある

■男に本気で愛される方法:人に好かれる会話術


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです