干場香名女(ほしば かなめ)さんは、現在は小泉進次郎さんの秘書として活躍されていますが、過去には三菱商事に勤務し、大手コンビニやケンタッキー・フライド・チキンに出向しマーケティングなどに携わり数々の実績を挙げてきた人物です。

そこで今回は、干場香名女(ほしば かなめ)さんの経歴について調べてみました。

スポンサーリンク

【顔画像】干場香名女のwiki風経歴

干場香名女(ほしば かなめ)
生年月日:不明(57歳)※2021年現在
出身地:不明
学歴:短大卒業

干場香名女(ほしば かなめ)さんの学歴は不明ですが、「東京都立井草高校同窓会」の会報に同姓同名の名前があります。

また、高校34回生とあるので、この高校の34回生は1982年卒業で、干場さんの57歳という年齢にもマッチしますので、もしかするとこの高校の卒業生かもしれません。

ただソース元が、「東京都立井草高校同窓会」の会報で同姓同名の人物がコメントしているものだけなので100%の確証はありません。

ちなみに、現在の東京都立井草高校の偏差値は60です。

なお、高校卒業後は短期大学に進学されたようですが、どこの短大に進んだかは明らかになっていません。

干場 香名女の経歴

干場香名女さんは、短大を卒業後に三菱商事に入社しています。

コンシューマービジネスを担当する部門へ異動し、2002年に大手コンビニエンスストア子会社に出向し、クレジット・ポイントカード事業の立ち上げに携わります。

2009年には、日本ケンタッキー・フライド・チキンに再出向し、2013年4月よりデジタル・CRM推進室長として全社のデジタルマーケティング戦略を推進するなど、かなりのやり手です。

2017年には、小泉進次郎事務所の秘書に転身し2020年には公設第一秘書に就任されています。

スポンサーリンク

マーケティング戦略の実力者

干場香名女さんは、大手商社に勤めていらっしゃいましたがただの一社員で一般人です。
しかし、その頃よりWeb雑誌などにもインタビューされており、それだけ実力者であることがわかります。

彼女の経歴や学歴については、詳しいことは分かっていませんが、コンビニエンスストア子会社に出向し、クレジット・ポイントカード事業の立ち上げ、日本ケンタッキー・フライド・チキンのSNSでのソーシャルの施策などなど、数々の実績がある人物です。

その後、なぜ小泉進次郎さんの秘書に転身されたのかは不明ですが、2020年には公設第一秘書に就任されていますので、どこの職場でもその実力を発揮できる人物と言えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです