9月14日-16日に開催された
北海道旭川市で開催された食の祭典
「北の恵み 食べマルシェ」で
5人食中毒がでた事が明らかとなりました。

北海道旭川市で開催された食の祭典 「北の恵み 食べマルシェ」に出店した
「三洋水産」(枝幸町)のホッキ飯を食べた 20代の男女計5人が、
下痢や腹痛などの症状を訴え、うち3人からウェルシュ菌が検出されたと、
イベントの実行委員会が22日、発表した。いずれも快方に向かっている。

旭川市保健所は三洋水産を厳重注意した。ホッキ飯が原因だったとみている。

[引用元:hochi.yomiuri.co.jp

ホッキ飯とは

ホッキとは、ホッキ貝の事で、 苫小牧産が有名です。
hokkigai

出典:www.asahi-net.or.jp

ホッキ飯とは、このホッキ貝を使用した
炊き込みご飯のようなものです。

hokkimeshi22

出典;http://www.tomakai.com/

ホッキ貝と食中毒

今回の食中毒の原因は、「貝毒」によるものだと思われます。

貝毒とは、貝が海中に潜む有毒なプランクトンを食べて
蓄積してしまったことが原因になります。

 

基本的にホッキ貝などによって起こるものは、「下痢性貝毒」となります。
症状は、食べたあと数時間で下痢や吐き気、腹痛などが起こります。
原因は、有毒プランクトンになります。
[参照:oishi-kai.com

貝は、加熱調理をしても無毒化する事は出来ません。
また、毒化した貝を食べても味やにおいに変化はありません。

貝による、食中毒を防ぐ為、
冬の終わり頃から各都道府県でプランクトンや貝の調査が 行われています。
(毒性をもつプランクトンが発生するのは、4月の水温が14度位に上がる時期)

毒量の基準値が定められていて、基準値を超えるものが発生した場合は
貝の毒の消失が確認されるまでの間、出荷停止措置が執られています。
[引用:foodpoisoning-prevention-point.com


ウェルシュ菌とは

クロストリジウム属に属する嫌気性桿菌で
河川、下水、海、土壌中など自然界に広く分布しています。
ヒトを含む動物の腸内細菌叢における主要な構成菌であることが多く
少なくとも12種類の毒素を作ります。

一般に、ビフィズス菌などと対比され、悪玉菌の代表とされています。
[引用:Wikipedia]

今回、食中毒が発生したのは、9月。
危険な時期は、外れていますが、
今回の食中毒は防ぐことはできなかったのでしょうか?

 

北の恵み 食べマルシェとは

北海道旭川市で開催された「北の恵み食べマルシェ」は、
2011年から開催されている人気のイベントです。

 2012年の会場の様子

park常磐公園会場

p18s常磐公園会場

p02s買物公園会場

p15s買物公園会場

出典:北の恵み食べマルシェ

 

食の祭典といえば、多くの人が利用するイベントです。

そのイベントが楽しく過ごせるよう、食中毒対策は万全にしてもらいたいものです。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです