ヒトリエwowakaワールド全開!皆が踊り狂ったレディクレ2014の冬


年末恒例・毎年大阪で行われるRADIO CRAZY
ヒトリエのライブは12月29日M-STAGEで行われました。

レディクレ 2014

今回のヒトリエのライブを一言で表すと
『踊ってない夜を知らない』(byフレデリック)という言葉がぴったり。

曲の開始と同時に、観客は一気になだれのように前へ詰めかけ
休む事を忘れたかのようにアドレナリン全開で踊り狂っていました。

誤解を招くかもしれませんが、
ヒトリエの曲を最初に聴いた時
『秋葉原系のアイドル好きのおたくがライブで狂ったような曲だ』
という印象を受けました。

そしてそれと同時に、
『それが妙にとても心地よくて何度も聴きたくなるような依存性を持っている』
とも思いました。

ヒトリエの曲を1曲聴くと『他の曲も聴きたい』から始まり『もう一回聴きたい』
そして『聴きたくて仕方ない我慢できない』と依存度がどんどんと上がっていく
魅力を持つ曲ばかり。

筆者は最初、知らなかったのですが
ヒトリエは自作の曲を初音ミクを使い
ニコニコ動画でアップしていたwowaka(別名:現実逃避P)
を中心として2011年に結成されています。

メンバー同士もネットシーンで出会っています。

それででしょうか?今回のライブでは普段のロックフェスでは、あまり見かけない
タイプの方々もちらほらと見られました。

筆者は初音ミクボーカロイドには否定的な見方を持っていましたが、
ヒトリエの音楽を聴いてその考えは180度変わってしまいました。

さらに侮れないのはヒトリエの演奏力の高さです。
ヒトリエの曲は独特の曲調でスピードが早くアップテンポ。
筆者のような素人が聴いても「演奏が難しそう」な曲ばかり。

ギターのシノダもインタビューで
演奏は『断トツに難しい』『そんなことやれるかよ!』という
要求がwowakaから来ることもあると語ってます。(ナタリー)

 

筆者は、楽器について無知ですが、ライブの演奏を見て
単純に「早い!すごい!」と尊敬のまなざして見ていました。

ヒトリエのライブを見て思った事。

アイドルの曲が好きな人が、ヒトリエを通してロックを聴くようになり、
ロック好きがヒトリエを通して初音ミクを聴くようになる。
そんな光景が頭に浮かびました。

そして『いい音楽にジャンルも垣根もない』と思わせてくれるのが
ヒトリエというバンドであるように思います。

ロック好きもアイドル好きも1度、ヒトリエの曲聴いてみてください。
ヒトリエのワールドに引き込まれる事、必至です!

そして音楽フェスで「踊り狂いたい人」本当にヒトリエのライブは
おすすめです。

余談ですが、ヒトリエのロゴが、異常に可愛いんですよね。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る