あなたは、
「サインデザイン」

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ad by google

サインデザインとは?

例えば、デパートや、病院などで、見かける案内図。
禁煙のマークや、トイレのマークなども、サインデザインの1つです。

人々が行動する上で、
「サインデザイン」
は欠かせないデザイン。

デザインとはいっても、
あくまで、人に分かりやすいよう、
行動をスムーズに仕向けるよう、綿密に考えなければいけない
奥が深いデザインです。

それらのデザインを考える人たちは
「サインデザイナー」
と呼ばれています。

デザイナー廣村正彰(ひろむら まさあき)とは?

廣村正彰 サイン

出典:マイナビニュース

そんなサインデザインを多数手がけるグラフィックデザイナーに
廣村正彰(ひろむら まさあき)さんという方がいらっしゃいます。

NHKのプロフェッショナル仕事の流儀にも取り上げられた
デザイナーです。

廣村正彰が手がけたサインデザイン

廣村正彰 デザイン

出典:廣村デザイン事務所
ロフト

廣村正彰 デザイン

出典:マイナビニュース
すみだ水族館

廣村正彰 ロゴ

出典:廣村デザイン事務所

そのほか、廣村さんのサインデザインをご覧になりたい方は、
以下のHPをご覧ください。

廣村デザイン事務所→

あいちトリエンナーレ2013

廣村正彰プロフィール

1954年愛知県生まれ
武蔵野美術短期大学商業デザイン専攻科卒業
1988年廣村デザイン事務所設立

まとめ

わたしたちの生活の一部となっている
「サインデザイン」

きっと、
「え?これもデザインだったの?」

というように、わたしたちの生活空間の中に、
違和感なく溶け込み、そして、わたしたちが
スムーズに行動できるよう存在してくれています。

特に、迷いやすい都会で、サインデザインはなくては
ならないデザインだと言えます。

廣村正彰さんのデザインを見ていると、
かっこいいだけでなく、
目立つ、分かりやすい、など機能性を、しっかりと
兼ね備えたデザインでないと、
サインデザインとは言えないのだと思いました。

あなたも、これから
駅や、デパート、美術館などに行った時は、
サインデザインに注目してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです