冷え性を改善するには砂糖に注意し、運動が大切?


冷え性のせいで生理痛がひどい。
肩こりもひどいし体の調子があまり良くない。

などと
お悩みの女性は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
冷え性を改善するための3つの方法をご紹介します。

特に砂糖や、炭水化物を過剰に摂取している女性は注意が必要です。

冷え性にお悩みの女性は、
ぜひご参照ください。

スポンサーリンク

1.運動

冷え性 運動
適度な運動で、筋肉を使うと
血液の循環が良くなり、冷えを予防することができます。

特に、足の筋肉を使う事で、
結構が良くなるので、ウォーキングや、
軽いジョギングなどは、おすすめです。

どうしても、ウォーキングなどをする時間がない人は、
寝る前などにストレッチなどを行い、
できるだけ体の筋肉を使ってあげましょう。

2.食べ物に気をつける

食べ物には、体を温める食材
体を冷やす食材があります。

軽症の人は、体を温める食べ物を中心の食生活を心がけ、
体を冷やす食材も全く食べないのではなく、
バランスの良い食事を心がけることが大切です。

身体を温める食べ物

野菜
にんじん、ネギ、ピーマン、かぼちゃ、生姜、ニンニク

果物
桃、杏、干しぶどう

その他
栗、ごま、玄米、牛肉、さんま、味、酒、
梅干、チーズ、お味噌

身体を冷やす食べ物

野菜
きゅうり、トマト、ナス、セロリ、アスパラガス、
もやし、大根

果物
スイカ、メロン、みかん、

その他
枝豆、小麦、
カニ、アワビ、ひじき、白砂糖、牛乳

3.炭水化物、白砂糖には注意

あなたは
甘いものを食べると、
すぐに甘いものを食べたくなってしまった経験はありませんか?

これは、角砂糖をとることで、急激に血糖値が上がり
体は血糖値を下げようと、インスリンを大量に放出します。

すると血糖値が、急激に下がり、
今度は血糖値を上げようと、糖質を体が欲するようになるのです。

このように、角に角砂糖を過剰に摂取すると、
低血糖症になり、
交換神経が刺激され、血管が収縮し冷え性の原因となってしまうのです。

また、白砂糖には、糖の代謝を促すビタミンB1が存在していません。

糖質を、エネルギーや熱に変えためには、
ビタミンB1が大量に必要です。

そのため、過剰に白砂糖摂取すると、
ビタミンB1が不足し、エネルギーや熱を作れず、
冷え性の原因となってしまうのです。

糖質が多く含まれる白米や、小麦などの
炭水化物も過剰に摂取すると、同じような状態を招き、
冷え性の原因となってしまいます。

全く砂糖や、炭水化物を取らないことは危険ですが、
日ごろから炭水化物や砂糖を摂取する生活が多くなっている人は、
注意することが大切です。

まとめ

冷え性を改善するには、
適度な温度で筋肉を使い、血行を良くすることが大切です。

また、食生活では、
体を温める食べ物を積極的に取り入れましょう。

白砂糖や、白米などの炭水化物は、
体を冷やす食べ物です。

普段からお菓子や炭水化物の多い生活を送っている人は、
砂糖や炭水化物の取りすぎには注意することとが大切です。

極端な摂生は、長続きしません。
あなたができる範囲で、
少しずつ習慣を変えて、冷え性を改善していきましょつ。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る