大相撲の境川部屋の三段目力士、響龍(ひびきりゅう)さんの詳しい経歴・学歴などをwikipedia風にご紹介しています。

なお、ご家族についての情報はなく結婚したといった情報もないので、現在、独身だと思われます。

スポンサーリンク

響龍のwiki風プロフィール&画像

響龍(ひびきりゅう)
本名:天野光稀(あまの みつき)
生年月日:1993年3月17日
出身地:山口県下関市
身長:178cm
所属部屋:境川

響龍さんは、山口県下関市豊浦町の県立響高校に進学
当時の体格は身長178cmで体重140kg。全国高校総体では2年次にベスト16、3年次にベスト32入りを果たしています。

なお、相撲部の主将でもありました。

響高校は相撲の名門校として知られており、豊響隆太さん勝誠剛さんらを含め響高からは合計4名が角界入を果たしています。

ただし残念ながら、2020年3月をもって閉校しています。
現在は、豊北高校と統合して、「山口県立下関北高等学校」が設立されたとのことです。

高校時代の力士になる前の初々しい響龍さんの写真が現在も、ネットに残っていますので興味のある方は以下よりご覧になってみてください。

高校時代の天野光稀さんの画像(朝日新聞)

高校卒業後に境川部屋に入門

中学校の頃から、境川部屋に稽古へ出向いて入門を目指していましたが、念願叶って高校卒業後に境川部屋に入門しました。

境川部屋に入門することが決まった際には、壮行式が行われ「豊響隆太(当時:豊響関)のような、立ち会いから当たって一気に攻める相撲を目指したい」と語っていました。

なお、豊響隆太さん勝誠剛さんも境川部屋の先輩です。

当時は、八百長などが問題となっておりその中でも、力士になると決意されたということは、それだけ相撲が大好きだったということでしょう。

また、同じ高校の先輩が活躍されてきたのを見ていたのも大きいかもしれませんね。

これまでの改名歴ですが、天野光稀、豊関山光稀を経て現在の響龍光稀となっています。
初土俵は、2011年の5月。今のところ最高位は、「三段目二十四枚目」です。

響龍の家族について

響龍さんのご家族については、一切の情報はありません。
なお、結婚されているといったような情報もありませんので、独身だと思われます。

スポンサーリンク


こちらの記事もおすすめです