今年7月25日に愛媛県松山市に新しいライブスタジオW studio REDがオープンした。
今回は、W studio REDの詳細と、
2015年8月27日に行われたHEY-SMITH×ROTTENGRAFFTYのライブレポをご紹介しようと思う。

松山W studio RED
今までライブハウスといえば松山サロンキティが主に使われていたが、
おそらくバンド好きからしたら、他県に比べると松山サロンキティは小さめのハコ。
もう少し大きなハコができないか?と考えていた人もいただろう。
今回誕生したW studio REDは、松山サロンキティのキャパ300人を超えたキャパ450人
機材も最新で洒落たつくりである。

松山W studio RED
さらに松山市駅から徒歩3分と好立地にW studio REDは存在している。

そのためか、すでに今まで松山に来てくれなさそうなバンドのライブも決まっている。
また昨年オープンしたDouble-u studio(キャパ100人)とは目と鼻の先にある。

W studio REDは、横長のハコで広い割にはステージとの距離が狭い。
ステージと観客の間には人1人ほどはいれる隙間しかなく、ダイブするときは、ステージ前には降りれず
Double-u studio同様、戻される。

W studio REDは地下にあるのだが、併設されている服屋の隣には洒落た
カフェバーがある。営業時間は20:00までだが、ライブの後はオープンしているようである。

W studio RED

W studio RED

どうやらDouble-u studio&W studio REDは元松山サロンキティの名物店長・通称あにきが
関わっているようである。

1年ほど前にあにきがDouble-u studioをオープンさせたとあって
HEY-SMITHが、活動休止前にも関わらずキャパ100人のライブスタジオに来てくれた。

今回も、W studio REDがオープンとあって復活後のHEY-SMITHが松山に帰ってきてくれた!
ROTTENGRAFFTYとの対バンである。

新メンバーYUJIの紹介もあったが、今回特に目をひいたのはトロンボーンでサポートメンバの金髪の可愛い小柄な女の子。
調べてみるとツイッター名はきゃなす坊や。アメブロもしているようで、見てみると東京にお住いの様子。
1985年生まれって、めちゃくちゃ若く見える。まだ20代前半のようにみえる。ライブで彼女を見ると男女問わず夢中になるだろう。

きゃなす坊やtwitter→
きゃなす坊や。アメブロ→

復活後、はじめてHEY-SMITHのライブであったが、以前と違和感が全くなかった。
新メンバーYUJI、サポートのきゃなす坊やの実力はもちろんのこと、2人を選んだ
HEY-SMITHは流石だなと思った。

猪狩氏の顔は1年前、活動休止前の顔とは、うってかわってとても明るく見えた。
今回、HEY-SMITHとROTTENGRAFFTYのコラボもおおく会場はおおいに盛り上がる。
HEY-SMITHとROTTENGRAFFTY×W studio REDのオリジナルTシャツが販売されたほどである。
残念ながら、売り切れで筆者は手に入れる事ができなかった。手に入れた方がうらやましい。

ROTTENGRAFFTYのNOBUYAは今年41歳になることを発表していたが、
まったく年齢など関係なくおおいに会場を盛り上げてくれた。
「松山では、結成10年超えても観客が8人とかっていう時もあったし帰れって言われたこともあった。」
NOBUYAが告白していた。しかしROTTENGRAFFTYってライブ盛り上げるの
うまいなぁ。とにかくヘッドバングしまくったライブであった。

今後、W studio REDにたくさんのバンドが来てほしいしが、
とにかくHEY-SMITHが復活してくれて最高に嬉しい。帰ってきてくれてありがとう!


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです