長野オリンピック、スキー滑走競技で大転倒をおこした
ヘルマン・マイヤー選手をご存知でしょうか?

彼は、長野オリンピックで大転倒した3日に、スーパー大回転、大回転に
出場し見事金メダルを獲得。「不死身の男」として知られるようになります。

ヘルマン・マイヤー選手の半生は、若い頃から波乱に満ちていました。
今回は、ヘルマン・マイヤー選手の人生と長野での大転倒についてご紹介します。

ヘルマン・マイヤー(Hermann Maier)

ヘルマン・マイヤー 長野

出典:Wikipedia

ヘルマン・マイヤー(Hermann Maier)
生年月日:1972年12月7日(41歳)
出身地:オーストラリア
アルペンスキー選手

【主な成績】

1998年長野オリンピック 男子大回転 金メダル 
            男子スーパー大回転 金メダル

1999年FISアルペンスキー世界選手権 男子スーパー大回転・男子滑降 金メダル

2005年FISアルペンスキー世界選手権 男子大回転 金メダル

2006年トリノオリンピック 男子スーパー大回転 銀メダル
                 男子大回転 銅メダル

  

ヘルマン・マイヤー(Hermann Maier)の波乱に満ちた人生

ヘルマン・マイヤーは、スキー学校を経営する父の元で育ち、
若くからして、優れたスキーの技術を持つ選手へと成長しました。

15歳の時に、オーストラリア国立スキーアカデミーに入ることができましたが、
成長による膝の痛みと、彼の小さな体が理由で、
今後彼の成功は見込めないということから故郷へと帰されました。

ヘルマンマイヤー 転倒

2008年ワールド杯

出典:valgardena-groeden.com

その後、彼は職人として働き、冬は父の経営する
スキー学校でインストラクターとして働き始めました。

しかし、どうしてもプロのスキー選手になる事を諦めきれなかったヘルマンは、
仕事をやめて、再度、プロの道を歩むことを決意。
(※引用元:global.britannica.com

地元の複数のレースでチャンピオンになるものの、
なかなか注目をされる事はありませんでした。

1996年に24歳で初出場したワールドカップの大回転で12位を獲得
これが、彼の国際的なデビューとなります。

その後、1998年の長野オリンピックへ出場します。

長野オリンピックでの大転倒と金メダル獲得

ヘルマンマイヤー 長野1998年長野オリンピック

出典:lucky-dux.com

長野オリンピックでの、滑降競技中に、
ヘルマンはバランスを崩し、いったん大きく宙に舞い、
すごい勢いで転がり落ち、赤い防護ネットを突き進みようやく止まるという
大事故が起こりました。

競技を見ていた人であれば、「大骨折」「もしくは、意識不明」に陥ると
思った人が大半ではないでしょうか?

しかし、彼は、転倒後すぐに立ち上がり奇跡的にも軽傷ですみました。

さらにその大転倒の3日後、
彼はスーパー大回転で金メダル。大回転でも金メダルを獲得。

人々に「不死身の男」というイメージを植え付けました。

交通事故を乗り越え、オリンピックでメダルを獲得

その後も、ヘルマンの人生は波乱万丈で、2001年バイク事故をおこし、
7時間の手術を受けます。
右足の切断も懸念されるほどの大事故だったそうです。

しかし、見事に回復・復帰し、2006年のトリノオリンピックで、
スーパー大回転で銀メダル。大回転で銅メダルを獲得しました。

そして、ヘルマン36歳の2009年10月13日に引退を表明。

現在は、ヘルマン・マイヤースキースクールで、弟さんと思われる
アレックス・マイヤーさんとともに子供から大人まで
スキーを教えているようです。

ヘルマン・マイヤースキースクール▼
http://www.skischule-hermann-maier.at/

10代の頃から、栄光と挫折を繰り返し、
努力の末に、ようやく立つことのできた世界舞台。
挫折から、目標を達成するまでにも相当の努力が必要だったはずです。

彼への試練はそれだけではなく長野での大転倒、そして交通事故と
次々と襲ってきました。

しかし、彼は全て乗り越え、長野では金メダル。交通事故で負傷し
選手生命の危機であったにも関わらずトリノでもメダルを獲得しました。

ヘルマン・マイヤーは、「不死身の男」だけではなく「不屈の精神を持つ男」
だと筆者は感じました。

普通であれば、心が折れてしまいそうな状況を、不屈の精神で乗り越え、
逆境さえも、自分の成功へと繋げています。

ヘルマン・マイヤーの人生を見ると、「逆境に立ち向かう強い精神」
「絶え間ぬ努力」が大切だと実感します。

きっと、彼は今後、「不屈の精神」を持つ選手を育成していくに違いありません。
今後も、ヘルマン・マイヤーの活躍を応援しています。

【おすすめ記事】

■年齢・外見関係なく一生深く愛される方法:アラサーからの恋愛マニュアル

■彼の今のあなたへの気持ちを知る方法:男には好きのレベルが6段階ある

■男に本気で愛される方法:人に好かれる会話術


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです