今回は、USJハリーポッターエリアとアトラクション『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー』
の体験談をご紹介します。

ハリーポッター USJ アトラクション 感想
『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー』

あるのは写真のホグワーツ城の中です。

ハリーポッター usj レストラン
ハリーポッターエリア入り口から、ハニーデュークスなどがある街のエリアを
抜けて、1番奥にあります。

お城を入ると、動く絵たちや、ダンブルドアの校長室などを
体験することができます。

その後、ロッカーに荷物を預けるのですが大変混雑しています。
荷物を預けたらようやくアトラクション開始です。

『ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー』は、
正直、思ったよりも『怖い』です。

乗り物は4人用です。その乗り物が、3D映像に合わせて動くのですが、
座っている状態から、90度寝ている状態にまで動きます。

3D映像と、乗り物が動くタイミングが絶妙で怖さを我慢し、映像を見ていると本当に
ハリー達と空を飛んでいると錯覚するほどです。
また、空を飛ぶ映像とは別にディメンターが現れるのですが、
お化け屋敷よりも怖いほどリアルです。

体感時間はおよそ1分~2分程度だと思いますが、個人的にもう一度行ってみたいアトラクションです。
ただし、休日は2-3時間待ちが当たり前なので、エクスプレス・パスをご購入される事をオススメします。

続いて、ハリーポッターエリアについてのご紹介です。
下記は、ハニーデュークスの店内です。
ハリーポッター usj お土産
人気店だけに、店の前には人が並んでいますが、
土曜日でしたが5分もかからず入店できました。
ハリーポッター usj百味ビーンズ

ハリーポッター USJ 杖入り口から入って右側にあるお土産店です。
グリフィンドールのマフラーやその他、マントや
衣服・文房具などが揃っています。

ハリーポッターエリア 夜ホグズミード村

レストラン「三本の箒」の近くにはシリウス・ブラックの指名手配書が設置されています。
もちろん、映画のようシリウスが動いています。

シリウスブラック 指名手配

こちらは、オリバンダーの店と魔法用具店が繋がっているお土産屋さんです。
ハリーポッターエリア

オリバンダーの店は、杖を選んでくれるというアトラクションがあります。
こちらも長蛇の列で、『40分待ち』などと表示されています。

杖だけ欲しい場合は、上記のお土産屋で並ばずに購入が可能です。

ハリーポッターエリア

定期的に、ダンスショーが行われています。

USJ ハリーポッターエリア

その他、ホグワーツ特急の前では、ホグワーツの列車に乗って
マフラーと杖を借りて写真撮影が可能です。

スマートフォンなどでは、撮影不可ですが、撮影のみなら無料です。
写真は1枚3300円。2枚目からは2300円です。

杖や、マフラーなど購入するつもりはないけれど
体験はしてみたい!という方にお勧めです。

背景の写真は、ホグワーツ城、吸魂鬼など3種類から選べます。
写真のフレームにはボタンがついており、ハリーポッターのテーマ曲が
流れます。

ハリーポッターエリアは昼と夜では、また違った雰囲気を持つエリアです。
夕方頃に行って、夜まで過ごすと楽しみ方は2倍!
アトラクションに乗らなくても雰囲気だけでも楽しめるエリアだと思います。

さらに、土曜日の夕方にエリアに入場したのですが、16:30頃に長蛇の列だった
バタービールのお店も17:30頃になるとすぐ購入できたり、比較的、人が少なくなってくる
時間でもあります。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです