漫画『キングダム』の作者・原泰久(45)さんと小島瑠璃子さん(26)の熱愛が報じられました。
そこで今回は、キングダムの作者・原泰久さんの顔画像や経歴、元嫁や子供、そして福岡の自宅について調査しました。




熱愛スクープの概要

初対面のシーンでは、「初めまして! ずっとお会いしたかったです」と目を輝かせる小島に、原氏が「僕もです」と応じた。仕事場に足を踏み入れると感動のあまり涙を流していた。

原氏はかつて『キングダム』単行本のおまけページで妻の存在を明かしていたが、事情を知る関係者が明かす。

「今は原さんは独身で、最近になって小島さんが猛アタックして、交際に発展したようです。彼女が仕事がオフの日に福岡を訪れ、デートしているみたいです」

小島の所属事務所に確認したところ「プライベートなことは本人に任せております」と回答(集英社は「作家のプライバシーに関することは回答を差し控えさせていただきます」と答えた)。
(引用元:livedoor)

以下の記事も参考になります。

キングダムの作者・原泰久の顔画像や経歴

 

キングダムの作者・原泰久さんはメガネをかけられていることもありますが、メガネを外すとなかなかのイケメンです。

 

 

原泰久(はら やすひさ)さんは、1975年6月9日生まれ佐賀県三養基郡基山町出身。
東明館高等学校を卒業後、九州芸術工科大学に進学し卒業。

大学在学中に漫画家を志し、1997年、第36回ちばてつや賞ヤング部門にて「上田君の退化論」が期待賞を受賞。

しかし、卒業後はプログラマーとして一般の会社に就職し3年務めたのち退社されています。

2006年より大人気の漫画「キングダム」の連載を開始。

原泰久の元嫁・子供について

原泰久さんは、一般の女性と1度、結婚しています。
原泰久さんは、大学院に進学し、卒業後はシステムエンジニアとして就職していますが、当時から漫画家になる夢を後押しし続けたのが元奥さんだったとか。

過去に、「情熱大陸」で原さんが取り上げられた際、奥さんは「長い付き合いなので、もう信じるしかないっていうか」と語っています。
参考:文春オンライン

 

 

2012年頃までは、ご自身のツイッターでお嫁さんとのデートをツイートするなど仲睦まじい様子がうかがえます。

 

なお、原泰久さんには3人の子供(息子2人・娘1人)がいらっしゃいます。

2007年に、1人目で男の子が生まれ、2009年に女の子が、2013年に男の子が生まれています。

娘さんは2012年の時点で、2歳なので2020年現在は10歳。
長男か次男かは分かりませんが、1人の息子さんは2020年時点で4歳なので2020年現在は12歳となります。

 

こじるりさんと熱愛ということで、ここ数年で離婚されたのでしょうか。
報道によると、現在は独身とのことです。




原泰久の福岡の自宅はどこ?

原泰久さんは福岡県福岡市のマンションだということがわかっています。
マンションがどこなのか詳細は分かりませんが、以下のようなツイートがありました。

福岡県大宰府市に引っ越してくるというのは2014年のもの。
2019年のものも、信憑性には欠けますのであくまで「噂」程度でお考えください。

こじるり大ファンの漫画家と熱愛

報道ではこじるりさんから、原泰久先生にもうアタックとのこと。
ほぼ20歳ほど歳の差がありますが、よっぽど強い気持ちがあったのでしょう。

もし、報道が本当ならお幸せに。

以下の記事も参考になります。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです