1月よりドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」がスタートします。
そこで、「臨床犯罪学者」について興味を持った方も多いかと思います。

一般的に、「犯罪学者」と言えば、日本には存在しないと思われがちなのではないでしょうか?
しかし、日本では、昔から「日本犯罪学会」や「日本犯罪社会学学会」というれっきとした学会が存在します。

ここでは、日本での犯罪学についてや、犯罪心理学者になるにはどうすればいいのかなど詳しくご紹介したいと思います。

日本犯罪学会
日本犯罪社会学学会

臨床犯罪学者とは?

ドラマでは、火村英生は「臨床犯罪学者」という設定ですが、恐らく、「犯罪心理学者」の意味合いが強いと思われます。

ちなみに、臨床の意味ですが、

臨床とは、心理学、社会学などの学問の領域については
医療・教育・カウンセリングその他の介入を行う「現場」、あるいは「現場を重視する立場」を指す。
(引用元:wiki

臨床とは、簡単に言うと医学であれば実際に患者さんと直接診察、治療を行う。

といった意味があり、1人で本などで勉強するのではなく、相手を介して研究、診療などを行なうという意味合いが強いです。

ad by google

犯罪社会学とは?

火村英生は、『犯罪社会学』を専攻していますが、犯罪社会学の意味合いは以下の通りです。

犯罪社会学
犯罪の原因,性質,結果,種類および犯罪の主体などを社会学的に研究する学問。犯罪行為や行為主体としての犯罪者を当該社会の1個の社会現象として分析するとともに,その研究の対象は法的概念による犯罪よりも範囲が広く,一般には非同調行動や逸脱行動などをも含め,社会規範に反する行為をすべて対象としている。
(引用元:コトバンク

日本犯罪社会学学会

犯罪心理学者になるには?

犯罪心理学者というのは職種の名前ではなく、犯罪心理学を専門に研究している人のことを指しています。

犯罪心理学を専門に研究したい場合、大学で「犯罪心理学」を受ける事が可能ですが、さわり程度しか学べないことから、
犯罪心理学の専門の教員がいる大学を選び、「ゼミ」の授業を取る事で、より深い学問を学ぶ事ができます。

実際に、日本で犯罪心理学の教員をされている方は、以下のような経歴をたどる方が多いようです。

1.大学の心理学科卒業or心理学専攻修士課程を修了
2.法務省・家庭裁判所・警察庁・県警(科捜研や警察心理職)などに就職し、実際に犯罪者と接する経験を積む。
3.経験を積み、研究を行い留学。
4.退職し、大学に転出。
(引用元:法政大学文学部心理学科 犯罪心理学研究室

犯罪心理学者になるには、座学よりも、「実際に、犯罪者と接すること」が重要なポイントと言えるでしょう。
しかし、犯罪心理学者になる道は狭き門だと言えるでしょう。

例えば、科捜研の警察心理職に就く場合、国家公務員Ⅰ種試験というとても難しい試験に合格する必要があります。(合格率約3%前後)
そして、合格した中から面接を行い採用されるわけですが、採用されるのは毎年1名が平均的です。

ちなみに平成13年の大阪府警察・科学捜査研究所研究員・人文(心理)は応募者80名に対して採用人は1名
そもそも科捜研の研究員になること自体が難問で、全分野合わせても毎年10人程度の採用(全国で)しか行われていません。
(引用元:keikosmile622・参考文献:minna.13hw.com

まとめ

アメリカでプロファイリングを行う犯罪心理学者や、ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」など見ると
犯罪学者は「カッコイイ」というイメージが強いと思います。

しかし、犯罪心理学について研究したり、就職する事は簡単には行きません。
犯罪心理を研究し、それ専門で生きていくには、それなりの覚悟と努力、そして運が必要だと言えるでしょう。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです