悲しい事件が起こってしまいました。

20日富山市上大久保の住宅敷地内で、生後11ヶ月の赤ちゃん中村仁ちゃんが飼い犬の2頭に噛まれなくなりました。
病院に搬送されたものの、頭部骨折による出血性ショックで死亡した模様です。

仁ちゃんを襲った2頭の犬は、グレート・デーンで雄の成犬です。
いずれも体長約1m20cm、体重約80キロの6歳のオスだそうです。

飼い犬にかまれ乳児死亡|グレートデーンは凶暴な性格?【画像】

ad by google

グレートデーンとは

この投稿をInstagramで見る

 

Ayaka Kobae(@ayakakobae)がシェアした投稿

グレートデンは、世界一大きくなる犬としても知られています。

以下は小さな子供とグレートデンが遊ぶ様子ですが、かなり大きいですね。

大きい犬になると、直立時の身長は2メートル以上になることもあるのだとか。

グレートデンの性格

グレートデンは、大きな体に対して、優しい犬として知られており「優しい巨人」とも呼ばれています。
性格は、温厚で友好的です。
家族以外の人間や犬に対して、気を配って接するだけでなく、服従心が強く、挑発には乗らない辛抱強さがあるそうです。

引用元:https://www.min-inuzukan.com/greatdane.html

グレートデンは凶暴?

グレートデンは、しつけがしっかりなされていれば問題ありません。

しかし、茨城県では、「特定危険犬種」に指定されており、オリの中に入れて飼うという規定があります。

人に危害を加えるおそれのあるものとして定める8犬種【茨城県】
秋田犬
紀州犬
土佐犬
ジャーマン・シェパード
ドーベルマン
グレートデン
セントバーナード
アメリカン・スタッフォードシャー・テリア(アメリカン・ピット・ブル・テリア)

グレートデンに襲われて死亡した人も

米オハイオ州の住宅で、49歳のメアリー・マシューズさんは、同じく2匹のグレートデンに襲われて死亡しています。
夫のマークさんによると黒い方のグレートデンは「狂暴」だと証言。

2頭は引き取った保護犬だそうで、マークさんは処分したがっていたものの動物好きのメアリーさんはそれを許さなかったそうです。
引用元:https://www.cnn.co.jp/usa/35144978.html

生後3日の赤ちゃんが噛み殺される

2016年、生後わずか3日の赤ちゃんが、アメリカで飼い犬のグレートデンに噛み殺された事故も起きています。

専門家によると「普段おとなしい犬でも、家族に新生児が仲間入りした直後に態度が豹変することがままあります。幼いお子さんを飼い犬と一緒に放置することは絶対に避けるべきです」
とのこと。

引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20160423_256009/

グレートデンに関する世間の声

飼い犬にかまれ乳児死亡|グレートデーンは凶暴な性格?【画像】まとめ

小型犬でも、やはり「安全」とは言えません。
グレートデーンのように大きな犬なら尚更のことでしょう。
グレートデーン全てが凶暴な訳ではありませんし、今回も何かしら興奮するなどきっかけがあったのでしょう。

お孫さんを庇おうとしたおじいちゃんも負傷していますが、本当に悲しい事故が起きてしまいました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

【おすすめ記事】

■年齢・外見関係なく一生深く愛される方法:アラサーからの恋愛マニュアル

■彼の今のあなたへの気持ちを知る方法:男には好きのレベルが6段階ある

■男に本気で愛される方法:人に好かれる会話術


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです