全国各地に存在している「ご当地交通ルール」。
名古屋走り、松本走り、茨城ダッシュ、山梨ルール、伊予の早曲がりなど様々なご当地交通ルールが存在します。

これらのご当地それぞれ独自のルールのほとんどは「道路交通法」に違反するものばかりです。
ではなぜ、そのような危険行為となるご当地交通ルールが定着してしまったのでしょうか。

ご当地交通ルール存在理由

これらの独自ルールやマナーには全国的に有名なものありますが、その多くが道路交通法に違反するものです。なぜ、道路交通法に違反する行為が「ご当地ルール」として定着したのでしょうか。

ad by google

名古屋走り

2019年時点で、愛知県の交通事故死者数は、16年連続で全国ワースト1位。
愛知県警は、「最大の要因は運転モラルの低さ」と発表していることから、名古屋走りが定着したのは、
県民の「運転モラルの低さ」である可能性が高いです。

茨城ダッシュ

茨城ダッシュが存在する理由は、「せっかち」な人が多いからでは?との口コミも。
地元民からすると、「後ろの車を待たせるのが悪いから」という意見があるようです。

松本走り・山梨ルール、伊予の早曲がり

松本走り・山梨ルール、伊予の早曲がりとは、右折時に減速せず曲がることですが、その存在理由として「道が狭いから」というものがあります。

また、「後ろのドライバーに迷惑をかけたくない」という理由も。

ご当地交通ルール存在理由についての世間の声

曲がる寸前にブレーキからウィンカーを出すのやめてほしい。
こっちの速度を考えずにゆっくり出てきて加速を自分勝手にゆっくりと出すのも勘弁して。

い頃、泉州で暮らしていたので少々の運転では驚きません。
(昔は和泉ナンバーというだけで、みな寄って来ませんでしたから)

仕事柄日本全国に行くが、言うほど地方によって特色は無いと思う。
何処に行っても強引に右折する人はいるし、ウインカーの出さない遅い人はいるし。

どれも違反なんだからさっさと取り締まってほしい。そもそも○○走りとか名前を付けるからいけない気がする。

コメント引用元:Yahooニュース

【まとめ】ご当地交通ルール存在理由

私は運転が下手なので、「ご当地交通ルール」のような車に出くわすととにかく怖い。
自己中心的な運転で、自分だけでなく他人の命を脅かしてしまうことを考えなければなりません。

「後ろの人に悪いから」という優しい人もいるでしょう。
しかし、後ろの人より「安全」が大切です。


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです