学研の家庭教師は不登校・高卒認定など多彩なコースが評判


スポンサーリンク

実績がある学研ならではの特徴

学研の家庭教師は、お子様のニーズに合わせたな指導を行っており、生徒や保護者さまのご要望やお悩みを講師だけでなく教務部も一緒に支え、解決していく「信頼のトライアングル」を実践しています。

よりよい信頼関係の構築を目指す

学研の家庭教師の指導実績は10万人で、これまでに様々な指導に関するお悩みなどをお聞きし、どんな困難に対しても生徒の個性を伸ばし丁寧な指導をしてきました。学研では、生徒や保護者さまはもちろん、講師にも気軽に教務センターに相談できるよう、よりよい信頼関係の構築をすすめています。教務センターでは、講師に毎月指導報告をしてもらい、状況を把握して生徒個別に最適な授業進行を行える仕組みを整えています。なお、保護者さまからいただいた貴重なご意見は、指導計画やミーティングに反映し、より効果的な指導に役立てています。

優秀な講師が多数・育成ノウハウ

学研の家庭教師には、毎年多くの学生が登録しており、大学と連携・教える仕事に特化した求人サイトを運営するなど学研独自の方法で、優秀な講師を獲得しています。家庭教師が多いことで、生徒さまに、ぴったりと合った講師を見つけることが可能です。応募者は、優秀な講師を生み出す「登録選別」を行い、「家庭教師向き」と判断された人の中から、適性検査・面談を行いクリアした人のみをご自宅に派遣いたします。なお、選別された講師候補者たちは、実際に授業を行う前に、学力試験・指導実績などを審査した上で、綿密な打ち合わせを行い、生徒さまにご紹介いたします。

生徒のやる気を引き出す指導方法

30年以上に渡る学研の指導ノウハウの蓄積から優秀な講師を育成しており、生徒に合わせたオーダーメイドの指導が可能となっています。学研の家庭教師たちは、生徒が「やる気」になって勉強に取り込めるよう養成されています。例えば、少し頑張れば達成できる目標を設定し、生徒には達成感を感じてもらいモチベーションを上げるようにしています。また、子供たちにとって褒められることは最大の報酬です。そのため、できない問題がある場合は、ヒントを与え、なるべく自分で答えを導きだせるようにし、褒めてあげられる場面を増やしていきます。その他、生徒の集中力に合わせて解説のタイミングなどを変える工夫をしています。

多彩なコースでお子様をサポート

学研の家庭教師では、生徒の状況や目標に合わせた様々なコースをご用意しています。年々増え続けている不登校のお子様に対しては、専門コースをいち早く立ち上げました。外出が不要な家庭教師の場合、心理的・身体的な負担を軽くすることができ、学習習慣を身につけることができます。また、様々な理由で高等学校を卒業できなかったお子様のために、高卒認定コースを設置し、受験科目の決定や手続きなど、合格に向けてのお手伝いを行っております。その他、国私立入試傾向とは全く異なる中高一貫校の受験の対策を専門で行う「公立中高一貫受験対応コース」、幼児の為の「小学校受験コース」などでバックアップを行っています。

生徒の志望校に合わせた受験対策

学研の家庭教師では、生徒の志望校に合わせた受験対策を行っており、マンツーマンだからこそ、集団の授業ではできない学校別のきめ細かなサポートができます。また、公立の高校を受験する際には、「定期テスト」は内申点獲得に重要です。学研では生徒が学校で習ったことを定着させることが、志望校合格の為には大切であると考えています。定期テストの時期は、学校によって時期が異なりますが、家庭教師であれば授業時間数や重点指導科目などもしっかり合わせられます。それぞれの地域の受験情報・特徴・対策などは、長年の指導実績で教務センターに集約されていますので、受験にお役立ていただけます。

生徒それぞれの合格実績を大切に

学研の家庭教師では多くの難関校・国公立上位校への合格者を輩出しておりますが、「生徒自身がどれだけ目標に到達できたか」という「目標達成実績」が大切であり、合格実績は生徒自身のものでもあります。学研では、個人の掲げていた目標を「達成する喜び」を分かち合うことで、たくさんの御礼の言葉が寄せられています。全ての生徒たちに、「やってよかった」と思っていただけるような教育の提供を目標としています。

無料体験授業とカウンセリング

学研では、家庭教師、または専属スタッフによる無料の体験授業、学習相談等のカウンセリングを受けることができます。カウンセリングでは、学研の豊富な指導実績を活かして、お子様の問題点や、原因を分析した上で、性格や環境等などを考慮しよりベストな講師と指導の内容のご提案が可能です。なお、家庭教師の交通費に関しても無料ですので、お気軽にお電話もしくは、ホームページよりご予約ください。なお、学研の家庭教師に関するご相談やお見積もりも無料で行っております。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る