阪神は、藤浪晋太郎投手、伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手がPCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染したと発表。

28日に大阪府は、20~70歳代の男女15人が新型コロナウイルスに感染していたと発表しましたが、このうち大阪市内の20歳代の女性2人は14日に、既に感染が判明しているプロ野球・阪神タイガースの藤浪晋太郎投手と一緒に食事をしていました。

球団が感染源だと最も疑っているのは、この球団が感染源と最も疑っているのは14日の会食だといいます。

藤浪晋太郎・伊藤隼太外の食事会は合コンだったのか?

藤浪晋太郎、伊藤隼太外選手らが一緒に食事をした20代女性2人が陽性だと判明。
SNSでは、「食事会って、これってただの合コンだろ。」「こんな時に、合コンって…」「合コンにしか思えない」などの声が相次いでいます。

まずは、世間の反応を見てみましょう。

ad by google

食事会に関するSNSでの反応

報道では「合コン」とは言われてないものの、20代女性を含む食事会ということで、「合コンでは?」との憶測が飛び交っているのです。
しかし、夕刊フジや、そのほかのニュースサイトでも、「この食事会は合コンではない」という可能性が高いとのこと。

藤浪晋太郎らの食事会は、合コンではない?

夕刊フジによると、14日大阪市内では、、藤浪晋太郎投手、伊藤隼太外野手、長坂拳弥捕手のほか、球団外の5人の計12人で会食しました。

今回の食事会は、ある人物の自宅に招かれた上で、ケータリング形式の食事ということだったといいます。
また、最後までいた女性は1人で、残りは“顔出し”レベルとのこと。

さらに、Jcastニュースによると、

「プロ野球選手は付き合いが多く、とくに阪神の選手は会食に誘われることが多い。なかには断りづらい場合もあります。だからといってこの非常事態に7人もの選手がそろって会食に出かけるのは理解に苦しみます。プロとしての自覚が足りないと言われても仕方ないでしょう」(阪神OB)
引用元:Jcastニュース

と報道されています。

ただし、合コンでなくても、以下のような世間からは厳しい声が上がっています。

「この記事から推測出来るに、主催者(社長みたいな人)がタイガース選手と、水商売の女性を呼んでの宴会なんやね!」

「金持ちのタニマチ筋の社長の道楽に、嫌々付き合わされたのなら、同情の余地もあったが、女と遊んで感染とはな。」

自宅での会食となってることから、大人が12名も呼べるとなるとかなり広い家でないと無理でしょうから、察するにタニマチ的?それなりの方?

そんな人をよそに合コンなんだったら最低だし既婚者だっているもんね。

ネットでは、合コンではないなら、お金持ちのタニマチ(ひいきにしてくれる人・無償スポンサー)に呼ばれた食事会なのか。
そこに、水商売などプロの女性が招かれたのか?と推測する声が挙がっています。

食事会に参加した20代女性は誰で職業は?

感染が発表された食事会を共にした20代女性の職業についてですが、現在、「調査中」とのことで、
はっきりしたことは分かっていません。

まとめ:藤浪晋太郎は合コンではなく食事会に参加していた

藤浪晋太郎選手は、合コンに参加していたと噂されていますが、合コンではなく知人宅に招かれたようです。
選手たちが断りずらい、タニマチからの招待で食事会に誘われたのでは?という推測が多いです。

確かに、お金持ちのタニマチで、選手たちを招待するなら、若くて可愛い女の子も招待して盛り上げよう。
という気持ちも分かりますので、お水系の20代女性を招いたのかもしれません。
もしくは、ただの知人女性だったのかもしれません。

どちらにせよ、この時期、12人以上の会食に出かけたのは、やはり不用心であることは間違いありません。
藤浪晋太郎選手は自ら、感染を公表しただけにファンからは「残念」との声も挙がっています。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです