踊り狂ったフレデリックのライブレポート【RADIO CRAZY 2014/12/28】


2014年12月28日に大阪で行われた
RADIO CRAZY2014のフレデリック・ライブレポートです。

◆M-STAGE2号館12:35開演◆

【セットリスト】
1 SPAM生活
2 ディスコプール
3 ふしだらフラミンゴ
4 峠の幽霊
5 プロレスごっこのフラフープ
6 バジルの宴
7 オドループ

大阪のフェスは初めてだというフレデリック。

開演前から、メンバーらによるリハーサルが行われて
いました。観客とコミュニケーションを
取りながらのリハーサルはフレデリックのメンバーの
人の良さが出ており終始、和やかな雰囲気でリハは
進んでいきました。

その後、開演前に、ベースで弟の三原康司(みはらこうじ)
横に、自称マスコットキャラクターのフレデリック君が置かれ演奏が始まりました。

フレデリック ライブ出典:フレデリック君twitter

兄の三原健司(みはらけんじ)弟の三原康司(みはらこうじ)
コーラスの絶妙なバランスは、どの曲を聴いても聴き惚れます。

ライブでは『峠の幽霊』という曲が歌われました。
この曲はアルバムやシングルになっておらず、
現在音源を購入することができません。
(会場限定CDで販売されたことがあるとの事。)

しかしながら『峠の幽霊』
フレデリックのデビューのきっかけとなった
バンドオーディション「MASH FIGHT」でも演奏された曲。

そして、『峠の幽霊』好きのファンも多い曲でもあります。
そういう気持ちを組んでか、『峠の幽霊』を演奏してもらえた
事は個人的にとても最高でした。

途中、アクシデントが起こり、康司(こうじ)がトークを
繋がなければいけない状況になりました。

しかし、康司(こうじ)は、
「みんなで、一緒にこの場を繋ぐんやで~」と会場を巻き込み、
それと同時に会場も盛り上がります。

トークを聞く限り、康司(こうじ)は天然なのかな?
と思いました。

そして、いよいよ最後にお待ちかねの『オドループ』
会場は、最高に盛り上がり、観客全体が踊り狂いました。

フレデリックの良い所は近所のお兄ちゃんのような
親しみやすさがある雰囲気と、その思わず踊ってしまうような
明るい音楽だと思います。
今後、どの世代にもファンがつくのではないかな?と思っています。

関連記事▼
【ライブレポート】フレデリック×KEYTALK(1)【3/27松山サロンキティ】
フレデリック中毒者続出?双子兄弟中心で結成!若干・年齢24歳のバンド


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る