日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエル
ザビエルといえば、下記の肖像画が有名です。

250px-Franciscus_de_Xabier神戸市立博物館所蔵(重要文化財)

多くの人が、この写真を見て、ザビエル=ハゲている人
と認識し、大人になっていった人が多いのではないでしょうか?

実は、この肖像画は、彼の列聖(1622年)以降に
日本で作成されたと推定されており、
フランシスコ・ザビエルの想像画なのだそうです。

※ザビエルが亡くなったのは1552年12月2日で
上記の絵が作成されたのは、彼の死後から70年以上経っています。

ザビエルのふさふさ頭の肖像画は、多数残っていますが、
肖像画をご紹介する前に、彼のプロフィールを簡単にご説明します。

フランシスコ・デ・ザビエルのプロフィール

200px-The_Arm_of_St._Francis_Xavier_19491949年に日本に運ばれたザビエルの右腕

出典:wikipedia
miira

出典:blog-imgs-62.fc2.com

フランシスコ・デ・ザビエル
生誕1506年4月7日-死没1552年12月2日(没46歳)

スペイン・ナバラ生まれ
カトリック教会の司祭、宣教師
イエズス会の創設メンバーの1人

1549年に日本に初めてキリスト教を伝えた。
初めは、薩摩の薩摩半島の坊津に上陸。
その後、許しを得て、鹿児島市祇園之洲町に来着

ザビエルは、初めて日本にメガネを持ち込んだといわれる。

フランシスコ・デ・ザビエル肖像画一覧

フランシスコ・デ・ザビエルですが、
日本で有名な上記の絵は、修道士の髪型である
「トンスラ」という 髪を剃った際のザビエルが描かれています。

ですので、ザビエルは、ハゲているのではなく、
髪を剃っていたというのが真実のようです。

実際、残っている肖像画のほとんどは、髪がふさふさです。

ザビエル肖像画一覧▼

ザビエル

出典:a-grande-guerra.blogspot.jp

zabierutenigiru

出典:blog.livedoor.jp

taiyou Manuel Henriques作 (1593 – 1653)

出典:pinturaportuguesa.blogs.sapo.pt

Francisco Xavier Santo

出典:saojosedecapoeiras.blogspot.jp

hitoto

出典:en.wikipedia.org

ザビエルの髪型について、詳しくは
学校で習った覚えはあまりありませんが、
子供の頃から現在まで、「ザビエル=ハゲ」と連想していたものです。

このサイトを見てくださった方は、
今後、「ザビエル=トンスラという髪型」 と覚えて帰って頂けると幸いです。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです