9月から開催されているFACTの全国ツアー「FACT “KTHEAT” JAPAN TOUR 2015」
このツアーを最後に解散することを発表しているFACTにとって最初で最後のワンマンツアーとなる。

追加公演を除くツアー初日を飾ったのは2015年9月5日(土)に愛媛県 ・松山W studio REDで行われたライブである。
松山W studio REDは、今年7月にできたばかりのスタジオで、最新の機器をそろえており「音が良い」と評判も上々だ。

松山W studio REDの運営に携わっているのは、松山では名物店長こと「あにき」で、この日も、FACTは「あにき」についてふれていた。

FACT ライブ
FACTは1999年に結成し今年で結成16年目。
ワンマンツアー終了後の、2015年11月には新曲を含むベストアルバムの販売も決定している。

松山でのライブは、haze、Worm、feel、this is the end、Rise、Reborn、Purple Eyesなどアンコール曲を含めて約27曲を披露した。

ボーカルHiro「今日がFACTのライブ最後ってやつどれくらいいる?」との問いに
過半数のファンが手をあげたが、最後のライブとあって県外組の参加も多数みられた。
また、このライブが最初で最後となるファンも多くいた。

今回、松山でのチケットは完売。
Hiroは、「お前ら、今までどこにいたんだよ。」と突っ込んだ。

FACT 解散

ライブ始終、ダイブをするファンが大勢いたが、ここまでダイブの嵐を見たのは数々のライブに参加している筆者でも
初めてかもしれない。
松山W studio REDはステージとの間が狭く、ステージにファンがのりあがるようなこともたびたびで無法地帯であった。

そのためか、Hiroは、「どんどんこいよ!でも絶対ケガだけはすんなよ!」とたびたび呼びかけていた。

またトークも数回繰り広げられたが、HiroとギターのAdamを中心に繰り広げられたが、全員のトークを聴くことができた。

筆者は、なんだかんだFACTのライブは、これが初めてである。
次のFACTのライブで最後となるが、今まで「仕事を休んででも、何としてもFACTのライブに行けばよかった」
本気で後悔するような最高のライブであった。

ギターやベースなど音楽的な専門知識はいっさいない筆者だが、
FACTの音は、他のバンドにはない唯一無二のものであるとライブで再確認した。

あまりの曲、音楽の素晴らしさに途中、昇天しそうになったほどである。
この体感ができるのもあと1回かと思うととても残念である。

ちなみに、ライブ終了後、タオルが売り切れていたので
タオルが購入したい人は早めに購入することをおすすめしたい。

最高のライブをありがとう!!!

FACT解散ライブ「KTHEAT」高松・ライブレポート→


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです