柄本佑(えもと たすく)さんといえば、最近では「天皇の料理番」に出演。
2015年9月スタートのNHK連続朝ドラマ「朝が来た」にも出演しており今後の活躍が期待される俳優です。

柄本佑の弟

出典:alpha-agency.com

お父様は言わずと知れた個性派俳優・柄本明(えもとあきら)さん。母親は女優の角替和枝(つのがえかずえ)さんという
俳優一家に育ちました。

私生活では、個性派女優・安藤サクラ(あんどう サクラ)さんと2012年にご結婚されています。
柄本佑(えもと たすく)さんには、同じく俳優の弟・柄本 時生(えもと ときお)さんがいらっしゃいますが、

時生さんのブラコンぶりが半端なかったので、2人の兄弟エピソードについてご紹介します。

柄本時生 兄弟

出典:ノックアウト

弟の時生さんが芸能界に入ったきっかけは、実は兄・佑さんの代わりだったそうです。
ある中学生役に兄の佑さんにオファーがきていたそうですが、当時・佑さんは高校生。
少し役に無理があったそうです。だったら、弟の時生さんがいるということで俳優をすることになったんだとか。

弟の時生さんは、ご自身で「ブラコン」と発言するほどお兄さんが大好きで、
「俳優で1番かっこいいのは兄ちゃん。」「尊敬してる。」と2015年7月24日放送の「ごきげんよう」内で語っています。

2人で舞台を一緒にした際も、あまりにお兄ちゃんの演技が凄すぎて観客状態になり、
お兄ちゃんを、ずっと見つめていたそうです。

そんな弟を見てお兄さんは、腹を立てていたとのこと。
お兄ちゃんからしてみれば、一緒に演技をしているのに観客の状態になってどうする!といった気持ちでしょう。

そんな時生さん。お兄さんにはぞっこんですが、お父さんは「別にかっこいいと思わない」と語っていました。
また、父親に怒られて1番怖かったことに、「お前はバカか!」と本気で怒られたことと発言しています。

2番目に強いのは「ギャル」だと語り、以前、街中にギャルに「写真を撮ってください」と言われたことがあるそう。
しかし時生さんは大の写真嫌い。いつも「僕、写真が苦手なんで」と断っているそう。
もちろん、そのギャルにもそう言って断ったのですが、ギャルに「うける〜」と言われ、やっぱりギャルは強いと思ったと
語っていました。

引用元:2015年7月24日放送の「ごきげんよう」

お兄さんの柄本佑さんは、どちらかと言えば「しっかり者」という印象。
弟の時生さんは、「ちょっと気の弱い甘えん坊」といったところでしょうか?

そんな弟の時生さんを叱咤(しった)しながらも、お兄さんの佑さんも弟さんが大好きなのではないでしょうか?
今後も、柄本兄弟の演技に注目していきたいものです。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです