レンズだけカメラの使い方とは?対応しているスマートフォンは?


家電見本市「IFA」で
ソニーから、レンズだけカメラの「DSC-QX100」「DSC-QX10」が発表された。
日本国内での販売は現時点未定となっている。

l_hi_qx02

普通のカメラであれば、液晶ディスプレイを備えているが、
「DSC-QX100」「DSC-QX10」はレンズだけのカメラとなっている。

レンズだけカメラの使い方と、各パーツの説明「DSC-QX100」「DSC-QX10」

hi_qx03

 

小さな、本体にはシャッターボタン各種ボタン操作用リング(QX100のみ)を備えている。

 

hi_qx14

 

底面には三脚穴が用意されており、
三脚にさして使用することができる。

 

sankyaku出典:appbank.net

 

単体でも、使用できるが、液晶画面がないので、
どのような写真が撮影できたのかはわからない。
シャッター音は出るので、撮影できたかどうかは確認できる。

基本的には、スマートフォンを併用して使用することとなる。

 

hi_qx08※Xperia UL SOL22との組み合わせ

スマートフォンを併用しての使い方・手順は、

1:アプリ「PlayMemories Mobile」を立ち上げる

2:本体とWi-Fi接続

3:スマートフォンがカメラの液晶ディスプレイとして機能

後は、通常のデジタルカメラと使用方法は、ほぼ同じとなる。

 

hi_qx10

 

NFC(近距離無線通信技術)対応のスマートフォンであれば、
画像のように、スマートフォンを本体に接近させるだけでWi-Fi接続が確立する。

hi_qx17QX100の撮影時の画面

撮影可能状態では映像がライブビュー表示。
Wi-Fi接続であるため、映像には若干の遅延がある。
※連写機能はついていない

 

併用可能なスマートフォン

・Xperiaシリーズ
・iPhone
・その他、幅54mm〜75mm、厚さ13mm以下のスマートフォン

 

hi_qx09※iPhone 4S併用
以上画像camera.itmedia.co.jp出典

レンズだけカメラの価格と詳細

【モデル】DSC-QX10

画素数 
  1,820万画素
最大絞り値 F3.3(広角)-F5.9(望遠)
光学ズーム 10倍
バッテリ 交換可能・約220枚撮影可能
サイズ  62.4×61.8×33.3ミリ
販売価格 250ドル(約2万4,900円)

【モデル】DSC-QX100


画素数 
  2,020万画素
最大絞り値 F1.8(広角)-F4.9(望遠)
光学ズーム 3.6倍
バッテリ 交換可能・約220枚撮影可能
サイズ  62.5×62.5×55.5ミリ
販売価格 500ドル(約4万9,800円)

※ソニーのプレスリリースより抜粋

日本での販売は未定。

【使い方を紹介した動画】Sony QX100 and QX10 attachable Lenses


スポンサードリンク


関連記事


スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る