ドリュー・バリモアとのデートに成功したブライアンの物語と現在とは?


 

誰もが知るハリウッド女優・ドリューバリモアとデートをする!

と決意した平凡で無職の27歳の男性がいました。

彼の名前は、ブライアン・ヘルズリンガー(Brian Scott Herzlinger)。

スポンサーリンク

ブライアン・ヘルズリンガーとは?

ブライアンは、1976年2月19日にニュージャーシー州に生まれました。

イサカ・カレッジで映画科を卒業し、ロサンゼルスに移り住んで短編映画を監督したり、
ドリームワークスやMGMなどでプロダクションアシスタントとして働いていました。

 

しかし、仕事をやめた後は貯金もなく親に頼る日々が続いていました。

 

そんな時、ブライアンはテレビのクイズ番組に出演し、賞金1,100ドル(約13万円)を獲得。

実は、最後の回答がドリューバリモアに関するものだったのです。

 

ブライアンは、6歳の時に『E.T』を見て以来、ドリュー・バリモアの大ファンでした。

ブライアンは、このクイズに運命的な物を感んじ、

「神様が、映画監督の僕に与えてくれたチャンスだ!」

と思い、賞金約13万円をドリューバリモアとデートするためのドキュメンタリー映画を撮影することを決意したのです。

あらゆるコネを使う

 

View this post on Instagram

 

Daddy Daughter Dunkin Donut Date!! #Eastcoastinla #butternutdonut

Brian Herzlingerさん(@brianherzlinger)がシェアした投稿 –

イサカ・カレッジの仲間とともに、ブライアンは映画を制作することを決めたのですが、
肝心のビデオカメラがありません。

 

彼らは、購入してから30日以内に返品すれば全額返金される制度を利用して、
友人に借りたお金でビデオカメラを購入しました。

 

最初にはじめたのは、ロサンゼルスで知っている人に全て連絡をとり、
ドリューバリモアと連絡をとる方法を知っているかどうかを尋ねていきます。

 

様々な人に接触し、グーニーズで共演しドリューバリモアと付き合っていたコリー・フェルドマン(Corey Feldman)や、
チャーリーズエンジェルの脚本家などに接触。

チャーリーズエンジェルフルスロットルのプレミア試写会パーティーがある事を知ることに。

ブライアンは、周囲のアドバイスもあり、ドリューとデートする為にエステに通い体型を整え、
体毛を剃るなどの自分磨きも平行して行いながら、ドリューに似た女性とデートの予行練習をして
その日を迎えようと必死に行動を起こしていました。

 

結局、ブライアンは、チャーリーズエンジェルフルスロットルのプレミア試写会に、
偽造のプレスカードを使って侵入する事に成功。

 

実際に、ドリューバリモアと握手することに成功しました。

返品30日が迫る

ドリューとのデートの瞬間↓

ビデオカメラ返品直前に、「mydatewithdrew.com」というサイトを立ち上げ、
ウェブサイトの宣伝をするものの、まさかのサーバーがダウンし、ビデオカメラを返却する30日を迎えてしまいました。

これまでか・・・・と思ったのもつかの間。

 

サーバーが回復し、インタビューのオファーが殺到したのでした。

そして、最終的にはドリューバリモアとのデートが実現し、長年の夢を叶えたのでした。

 

ブライアンの現在は?

 

View this post on Instagram

 

☀️ Soaking up summer ☀️

m e g a nさん(@meggsherzy)がシェアした投稿 –

ブライアンは私生活では、当時ロースクールの学生であったMegan Henryと結婚し、パパにもなっています。

デート・ウィズ・ドリューを撮影した後は、トークショー「The Tonight Show with Jay Leno」に3年間特派員として活動。

 

ロマンティックコメディー映画「Baby on Board」や、「Finding Normal」などの監督を務めました。

現在も、カリフォルニア州マリブに住み、映画監督・作家として活躍しています。

 

しかし、彼の今のキャリアがあるのは、デート・ウィズ・ドリューがきっかけであることは確かでしょう。

 

参考文献:IGN/esquire/cynopsis.com

一歩間違えばストーカーに?

ただの一般人が、ハリウッド女優とデートしようとする行動は一歩間違えばストーカー行為です。

しかし、彼はそのリスクを覚悟の上で、ドキュメンタリー映画を制作することを決めました。

彼が、ドリューに実際に会う為にしようしたのは、「六次の隔たり(ろくじのへだたり)」です。

全ての人は、6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達を介していけば、世界中の人々と関節的な知り合いになることが
できるという一例です。(wikipedia)

ブライアンは、長年の夢を叶えるだけでなく映画監督としてのキャリアも手に入れたのです。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る