男性と電話をしていて、相手がなかなか電話を切りたがらないことがあります。
そんなとき、「もしかして、私に好意があるのかな?」と期待してしまうものです。

そこで今回は、電話を切りたくない7つの男性心理をご紹介します。




電話を切りたくない7つの男性心理

ad by google

1.あなたが好きだから

女性にとって電話やLINEは友人や知人とコミュニケーションを取るための大事な道具です。
一方、男性にとって電話やLINEは、用件を伝えるためだけの道具に過ぎません。

しかし、そんな男性も好きな女性との電話は全く別物です。
特にお付き合いが始まる前の関係であれば、男性側はあなたにアプローチしたくて電話やLINEを積極的にしてきます。

そのため、たわいもない内容で電話をしてきたり、なかなか相手が電話を切ろうとしないのは、あなたに好意があるからです。
つまり、あなたにアプローチをかけているのです。

電話の内容でも、男性側が自分のプライベートな事など、自分自身のことをよく話すようであれば、あなたに「僕をもっと知って欲しい」という気持ちがあります。

あなたにどうにか好きになって欲しくて、また好きだからこそ声を聞いていたくて電話を切らないという行動に出ているのです。

以下の記事も役に立ちます。

自分の過去を話す男性心理5つ|男が過去を語るのは好意があるから?

2.打ち明けたいことを言い出せない

あなたに本当は言いたいことがあって電話したのに、なかなか打ち明けられずに結果的に長電話になっているケースです。
男性側としては、「この電話で、打ち明けよう!」と決意して電話をかけたものの、勇気がなくて本題に入れないのでしょう。

打ち明けられないのであれば、また後日、話せばいいのですが、男性側としては「今日、話す」と決めて電話をしているため、なかなか電話を切ることができないでいるのです。

男性が何か話したそうな気配であれば、「何か話したいことあった?」とあなたから話題を振ってあげてもいいかもしれません。

3.自分から切ることができない

男女関わらず、相手に申し訳ないという気持ちから自分から電話を切ることができない人がいます。
お互いに長電話をしていて、切るタイミングが掴めないでいるケースもあるでしょう。

中には「自分から電話を切れないから、君から切って」と言える人もいますが、それすら言い出せない男性も少なくありません。

男性的には、そろそろ電話を切りたいと思っていても、自分から「じゃあ、そろそろ…」と言い出せないため、電話が切れない状態に陥っているのです。
このようなタイプの男性は、相手の気持ちを優先的に考える優しくて繊細な性格の人が多いです。
一方で、傷つきやすく優柔不断な面もあるでしょう。

4.寂しい

男性の中にも寂しがり屋で、誰かと一緒にいないと不安を感じる人がいます。
また、1人暮らしなどをしているとふと寂しくなる瞬間があるものです。

そんな時に、あなたに電話をかけて盛り上がっていると寂しさを解消できます。
しかし、いざ電話を切ろうとなると、また寂しさが押し寄せてくるので、なかなか電話を切ることができないのです。

とはいえ、寂しい時にあなたに電話をかけてくるということは、それなりの好意があるということです。
あなたが男性のことを好きなのであれば、「脈あり」だと考えていいでしょう。

しかし、お付き合いし始めたら甘えん坊で束縛してくるという面もあるかもしれません。

5.暇だから

基本的に女性は、お喋り好きなので暇だからという理由で友人に電話してくる人が多いです。
しかし男性にとって「会話」というのは、女性ほど大事なものでないため、暇だからという理由で電話してくる男性はそう多くはありません。

ですが男性の中にも、女性と同じようにお喋り好きなタイプも存在しています。
自分の話したいことを話して、ストレスを解消したい。
もしくは、自分自身を認めてほしいといった理由から、会話をしたいと考えている可能性があります。

ふと暇になると、そのような心理が働きあなたに電話をかけてくるのです。
なかなか電話を切らないのは、電話を切ってもやることがない可能性が高いです。

とはいえ、いくら暇であってもあなたとの会話が楽しいと思わなければ、そもそも電話はかけてきません。
そのため、男性にとってあなたは心を開ける存在であって、会話していて楽しい女性なのでしょう。

6.自分の気持ちを理解して欲しい

お互いに意見交換したり、電話で口論になることがあります。
そのため、あなたが自分の意見や気持ちをなかなか理解してくれない時には、あなたが理解してくれるまで電話を切ろうとしないのです。

このようなタイプの男性は基本的に、自分が一番正しいと考えておりプライドが高い人が多いです。
そのため、あなたが真逆の意見を言ったり、反論したりすると、男性側としては許せないのです。

あなたも頑固なタイプであれば、このような男性と電話していても永遠に答えは出ないでしょう。
早く電話を切りたいのであれば、あなたが折れてしまうのも1つの方法です。

7.会いたい

あなたに今すぐ会いたくて、なかなか電話を切れないでいるケースもあります。
あなたに好意を持っていて、「今すぐ会いたい」と思っている場合もありますが、そうでないこともあります。

例えば、男性側に下心があって今から会って、エッチなことをしたいと考えている場合です。
本当なら、「今から会わない?」と言いたい本心があるものの、なかなか言い出せないでいるかタイミングを見計っているのでしょう。

しかし、夜中などに「今すぐ会いたい」と言ってくるのは、ほとんどの場合は「体目的」です。
どんなに相手の男性が好きでも、会いたいと言われてすぐ行くようでは「都合の良い女」になってしまいます。

以下の記事も役に立ちます。

男性の下心と好意の3つの違いとは?本気と遊びの見極める!

ここまで電話を切りたくない男性心理をご紹介してきました。
しかし、脈ありの場合とそうでないケースがあり、なかなかあなたの気になる男性の本心を確かめることは困難です。

そんなときは、占いで彼の気持ちを確かめてみるのも1つの方法です。私は以前、電話占いを利用したのですが、数分で鑑定が終了したので無料で彼の気持ちを確かめることができました。

即、彼の気持ちを知ってスッキリされたい方には、電話占いは結構、おすすめです。
ちなみに私が利用したのは、電話占いヴェルニです。

しかし正直、私は電話占いは怪しい・怖いと思っていたので、是非、以下の記事も参考にしてみてください。
電話占いについて包み隠さず暴露しています。

【当たらない口コミあり】ヴェルニは詐欺か徹底検証【後悔しない電話占い】

まとめ:電話を切りたがらないのは「脈あり」の可能性大

電話を切りたがらない男性は、基本的には何かしらあなたに「好意」を持っているということです。
大半は恋愛感情を持っていたり、女性として魅力を感じているということ。

一方、友人として好意を持っている場合でも、男性はあなたを信頼しており心を開いている証拠ですので、今後、恋愛に発展する可能性は大いにあります。

以下の記事も役に立ちます。

【男性心理】男性が本気で好きになるまでの7つの段階とは?

恋愛で脈あり・脈なしは考えなくても恋愛は成功する

恋愛をすると、相手のちょっとした発言・行動などに敏感になり「嫌われてる?」「脈あり?」など気を揉んでしまうものです。
しかし、恋愛は脈あり度を計るよりも、相手に自分を惚れさせるほうが早いです。

でも、美人でもないしどうやって惚れさせればいいの?と思う方が多いでしょう。

しかし、恋愛や結婚にルックスはあまり関係ありません。もちろん、不特定多数の男性に好かれる場合は有利に働くのは確かです。

ですがあなたは、不特定多数の男性にモテたいでしょうか?

それよりも、たった1人に深く永遠に愛されたいと思うのではないでしょうか?

男性に深く愛されることに、難しいテクニックは全く必要ありません。
それよりも、たった1つ大切なコツを知ることが大切なのです。

どうしても男性に深く愛されたいと思う女性は、次の記事で紹介していますので是非、ご覧ください。

→本気で彼に深く愛されたい人へ


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです