元彼

目を合わせない元彼の7つの男性心理とは?

 

元彼と別れても職場や学校などで顔を合わせる女性も多いかと思います。
そんな状況で、元彼と全く目が合わないと「嫌われてるの?」と彼の本音が気になるものです。

そこで今回は、目を合わせない元彼の7つの男性心理について解説していきます。

スポンサーリンク


目を合わせない元彼の7つの男性心理とは?

視線

1.復縁するつもりが全くない

あなたと復縁するつもりが全くないため、あえて目を合わせていない可能性があります。

新しい恋を始めたからか、元カノのことは綺麗さっぱりケジメをつけたからか理由はそれぞれですが、全く復縁するつもりがないので、元カノに復縁を迫られないようにわざと目を合わせないようにしている可能性があります。

目をあえて合わせないようにするのは、あなたを引きずっていると勘違いされたくないからです。

あなたとの復縁はないという意思表示は、目を合わせない事以外にも、冷たくなる・敬語を使う・距離を置いて接してくるなどがあります。

ただ、今の時点であなたと復縁するつもりがなくても、時間が経ってあなたとの別れを後悔する可能性もあります。

男性が別れを後悔する時期などについては、以下の記事が参考になります。

 

2.あなたに全く興味がないor嫌い

男性の視線はとてもハッキリしていて、興味のある物や好きな人のことは無意識のうちに目で追ってしまいます。

一方で、嫌いなものや興味がない人は自分の視界に入れたくないと考えています。
あなたが彼と全く目が合わなくなったのなら、既に彼の中であなたへの興味が消滅していると言えます。

もし、男性があなたを嫌いになってしまっている場合には、あなたに目を合わせないどころか、極力接点を減らそうとします。

男性は嫌いな人ができると、あからさまに嫌いという態度を取る人は少数で、表面的には普通に接します。
しかし、最小限の会話に留め、嫌いな人がいる場所からできるだけ離れようとするのです。

目が合わない・接点がほとんどないのであれば、彼が意識的にあなたを避けている可能性が高いです。

3.振った罪悪感がある

男性は、好きな女性の事を幸せにしたいと思ってはいても、悲しませたい・不幸にしたいとは考えていません。

あなたが泣いたり、悲しんだりする姿を見ると彼氏として不甲斐なさを感じ、男としての自信をなくし罪悪感が芽生えてしまうのです。

そのため、彼女の悲しむ姿を見たくないためにあえて別れ話をせず、自然消滅を狙う男性も少なくありません。

このように、あなたを振ったことで感じた「女性を幸せにできなかった自分の不甲斐なさ」、そしてあなたを悲しませてしまった「罪悪感」から逃げたいと考え目を合わせられないでいるのです。

この場合は、あなたを嫌いになったわけではなく、あなたの目を見ると責められているように感じてしまっている可能性が高いです。

4.気まずい

一部のカップルを除き、多くのカップルは別れてしまうと顔を合わせるのも気まずくなるものです。
特に職場恋愛だったりすると、どう接したらいいのかわからなくなり、その気まずさから職場でも避けてしまう男性は少なくありません。

これまで、彼氏・彼女として接してきたにも関わらず、別れてからはどう接するのが正解なのか男性側も悩んでいるのでしょう。

その戸惑いや気まずさから無意識にも、あなたから目をそらしてしまっている可能性が高いです。
あなたと元彼がもともと仲の良い友人であった場合には、時間が解決してくれるかもしれません。

スポンサーリンク

5.その場から早く立ち去りたい

気まずさや罪悪感から目をそらす男性が多いと解説してきましたが、その重苦しい空気に耐えられず「早くこの場から立ち去りたい」と思って目を合わさないでいる可能性もあります。

お互いに目と目を合わせて会話することは、アイコンタクトと呼ばれ、人間同士がコミュニケーションする上で大事なことです。

つまり、目と目を合わせるということは、「私はあなたと真剣にコミュニケーションを取ろうとしています」という意思表示でもあるのです。

逆に目を合わせないということは、あなたとコミュニケーションを取るつもりはないという気持ちの現れです。

男性が目を合わさないのは、「君とは会話するつもりはない。早くこの場を去りたいから察してくれ」という気持ちを遠回しにアピールしているといってもいいでしょう。

 

6.未練があることを見透かされたくない

男性は女性よりも未練がましい生き物です。

女性は元彼を「上書き保存」し、男性は元カノを「名前を付けて保存」すると言われており、男性はいつまでたってもどこかで元カノたちに対して未練や執着のような気持ちを残しているのです。

とは言え、男性は女性よりもプライドが高いのであなたに「未練がましい男」だとは思われたくありません

実際に、あなたに未練があっても、その本音を見透かされて自分が下に見られるのがたまらなく嫌なのです。

目が合うと、相手に対して本音を見透かされてしまうような気持ちになるものです。
あなたと目が合って、未練があることを見透かされたくないからこそあえて目を合わさないでいるのです。

 

以下の記事も参考になります。

 

7.好き避けしている

男性の中には、自分の気持ちに全く素直になれないあまのじゃくな男性が存在します。
このような男性は、一部で「好き避け男子」と呼ばれ、自分の気持ちとは反対のことをしてしまう事が特徴です。

例えば、好きな女性がいても、あえて冷たい態度を取ったり、女性が「私、彼に嫌われてるの?」と思うようなことを無意識にもしてしまうのです。

このタイプの男性は、恋人同士のときにもやっかいで、あなたの愛情を試したくてあえてあなたが悲しむようなことをしてのけたりします。

当然、別れてからもその性格は変わらないので、あなたに未練が残っていても、まるで「嫌い」であるかのように振る舞います。

その振る舞いの1つが、「目を合わせない」という行動です。
好き避け男子は、基本的に自分に自信がなく愛される自信もないため、愛情を試すような行動をします。

好き避けしてしまうあまのじゃくな男性については、以下の記事も参考にしてみてください。

えん
復縁を望んでいる方は、以下の記事も参考になります。

参考彼女がいる元彼との復縁を成功させる心理学を使った8つの方法

どうしても復縁を成功させたい時の裏技3つ

どうしても復縁を成功させたい方は、以下の方法を試してみてください。

復縁成功の裏技3つ

復縁の成功率を上げるならプロに相談

復縁を成功させるには、冷却期間を置いたり心理学を活用することが効果的です。

しかし、元彼の気持ちや状況を無視したまま行動すると、復縁どころか逆に嫌われてしまうこともあります。

そのため、復縁を失敗させないためにも、あなたと元彼の状況に合った適切な方法を取ることが重要なのです。

どうしても1人で復縁を成功させる自信がない時は、復縁に強い電話占い師に相談してみましょう。

復縁に強い占い師に相談することで、一般論ではなく、あなたと彼に最適な復縁方法をアドバイスしてもらえるので、復縁できる可能性が高くなります。

実際、電話占いを活用して復縁した方の口コミ

悩める女子

占い師:桜ノ宮先生(ピュアリ所属)

口コミ評価:★★★★★
桜ノ宮先生 何度も視て頂いてます 毎回ほんとに的確で その通りなんですよ
彼から11月に連絡ありますよ! 試しますよ もその通り!まさに 連絡が14日に来ました!
しかも 私の心を試すような態度でした

そしてその週末に先生が仰った通り 戻れました!

そして毎回LOVERSのカードが出ていると 仰って頂き 私の事を彼は離れていた時からずっと好きです と。
お陰様で今ラブラブです
(以下省略)

▶桜ノ宮先生の口コミをもっと見てみる

その他、復縁に強い占い師を知りたい方は以下の記事にまとめていますので、是非、ご覧になってみてください。

 

当サイトでは複数の占いを体験・検証しています。
その中でも、信頼度の高い電話占いサイトを以下でご紹介していますので、参考にしてみてください。

S級占い師多数!電話占いピュアリ

口コミ・人気ランキングNo.1
口コミ評価:
初回特典 10分無料
公式URL 電話占いピュアリ

初回鑑定10分無料!最大8,000円分の無料鑑定特典付きで気軽に占える。メディアに出演する有名占い師多数在籍・顧客満足度が非常に高い電話占い。

<無料鑑定>ピュアリで占う

人気占い師・詳細を確認



老舗の最大手!電話占いヴェルニ

トップクラスの占い師が在籍!
口コミ評価:
初回特典 最大20分無料
公式URL 電話占いヴェルニ

初回鑑定最大20分無料!通話料無料。占い師1,000名以上、人気占い館とも提携する業界最大手の電話占い。メール鑑定もあり。

<無料鑑定>ヴェルニで占う

人気占い師・詳細を確認

業界初3冠達成!電話占いカリス

提供:ティファレト

芸能人の鑑定実績あり!
口コミ評価:
初回最大10分ptプレゼント
公式URL 電話占いカリス

初回最大10分(2,400円分)のポイントプレゼント !TVで当たると紹介された占い師が多数在籍、占い師のレベルの高さに定評がある電話占い。

<初回特典>カリスで占う

人気占い師・詳細を確認

提供:ティファレト
  • この記事を書いた人

えん

2級FP技能士で心理学オタクのえんです。これまでに読破した心理学に関する書籍は300冊以上にのぼります。現在、メンタル心理士の資格取得のため勉強中です。「全ての女性に幸せな恋を掴んでほしい」そんな想いで執筆・監修しています。

-元彼