2011年に放映されたアメリカの映画『イルカと少年(原題: Dolphin Tale)』
をご存じだろうか?

この映画は、実際に起こった実話をもとに描かれた映画である。

2005年12月のある日、フロリダ州沿岸部でカニ漁の網に絡まっているイルカが発見された。
発見されたイルカはわずか生後3ヶ月の赤ちゃんイルカであった。

イルカは網から救出されたが、大きな傷を全身に負っていた。
救出されたイルカはフロリダにあるクリアウォーター海洋水族館(CLEARWATER MARINE AQUARIUM)に搬送され
24時間態勢で治療を受けた。

しかしその努力のかいなくイルカの尾は血流が止まっており切断するしかなく
イルカは尾を失ってしまった。

尾を失ったもののイルカは泳げるまでに回復。
冬の12月に発見されたことから『ウィンター(winter:冬)』と名付けられた。

ウィンター イルカウィンター

出典:seewinter.com

ウィンターは、瀕死(ひんし)の状態から回復したものの、
尾びれがないために健康なイルカと同じように泳ぐには困難を極めていた。

そこで水族館は義肢装具士(ぎしそうぐし)の専門家や獣医らとともに
ウィンターに人工の尾っぽをつくる計画を立てた。
イルカと少年 イルカ
ウィンターの尾びれ

出典:seewinter.com

約1年半をかけてテストをしながら尾びれをつくり、ついにウィンターは人工の尾びれを装着するようになった。
最初は、うまくはいかなかったものの今ではウィンターも、人工の尾びれをに慣れ、泳いでいる。

大変なケガを負ったウィンターであるが、今やウィンターはクリアウォーター水族館のスターである。
また、障害を持つ人々へ勇気を与える存在にもなっている。

今ではウィンターと同じく助けられ、映画『イルカと少年(Dolphin Tale2)』の元となったイルカのホープ(HOPE)
とともに水族館の2大スターとなって活躍している。

参照元:seewinter.com/en.wikipedia.org

ウィンターとホープのライブ映像はクリアウォーター水族館のHPから見る事ができる。

クリアウォーター海洋水族館のウェブカム映像はこちら→

フロリダに旅行に行った際は、1度、ウィンターとホープに会いに行ってみてはいかがだろうか?

クリアウォーター海洋水族館詳細

住所:249 Windward Passage
Clearwater, FL 33767

クリアウォーター海洋水族館のHPはコチラ→

地図▼


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです