男性が女性を好きになるきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか?

えむこえむこ

男性は、可愛い子を見ればすぐ好きになるのではないでしょうか?


エイミーエイミー

確かに、そのような一目惚れもありますが、そのような例は稀です。

そこで今回は、
男性が女性を気になりだす7つのきっかけと、
好きになる5つのきっかけ合計11のきっかけをご紹介します。

 

ad by google

男性の「好き」と「気になる」の違いとは?


男性は、女性よりも「守備範囲」が広いです。

これは、男性の持つ
「多くの子孫を残すため」の本能とも言えるでしょう。
女性の場合、ほとんど「気になる」と「好き」は同義語です。

 



1人の男性が気になる(好きになる)と、
他の男性は目にはいらない状態になる女性が多いのではないでしょうか?

しかし、
男性の「気になる」は「好き」とは同義語ではありません。

また、男性の「好き」にも、レベルがあることを、
なんとなく理解している女性もいるのではないでしょうか?

男性の好き・気になるレベルを
大雑把にわけると以下のようになるかと思います。


気になる=異性として意識する
好きレベル1=体の関係を持ちたい
好きレベル2=恋人になりたい
好きレベル3=恋人関係を続けたい

男性の中には、
彼女と付き合って、何ヶ月かたってから

「ああ、僕は、彼女が好きなのだと思った。」

という男性が、意外にも多いです。

逆に、付き合って体の関係を数回持って、
「実は、彼女のことが好きではなかった。」
と気づく不届き者も少なくありません。

しかし、男性の中では、
「一応、彼女のことが好きだった。」

となるわけです。

女性の思う「好き」という気持ちと同レベルのものが、
男性側から言うと「恋人になりたい。」とか、
「恋人関係を続けたい。」と思うレベル
と考えれば、
なんとなく男女の「好き」の違いがお分かりいただけるかと思います。

しかし、何はともあれ、
まず、男性が女性を好きになるには、まず
気になるきっかけが、必ず必要です。

では、その好きになる「きっかけ」となる、
男性が女性を気になる(女性として意識するようになる)きっかけをまず、
見ていきましょう。

 

片思い中のあの人の本音が判る
驚異の占いサイト⇒Click

 

 

 

 

男性が女性を「気になる」ようになる7つのきっかけ

男性が、それまで特に意識していなかった女性の事を、
女性として意識(気になる)するようになるきっかけ7つを見ていきましょう。

1.女性の笑顔を見た時


男性にとって女性が思うよりもずっと、

女性の笑顔は、とても魅力的に映ります。

満面の笑みで笑いかけられたり、
自分と話している時、いつも楽しそうなだけで、
男性は相手の女性にドキドキするものです。

では、何故、男性は女性に笑顔を向けられると「ドキッ」とするのでしょうか?

笑顔は、1番分かりやすい相手に「好意」を伝える手段だからです。
男性は、その女性がどんなにタイプでも相手から好意を感じなければ、好きになることはありません。

ですから、笑顔を自分に向けてくれる女性というのは、
男性心理からすると「自分に好意を向けてくれる女性」
なので、意識せざるを得ないのです。

特に、自分にだけ特別な笑顔を向けてくれた時、
男性は「自分は彼女にとって特別な存在」だと意識するようになります。

 

笑顔の女性を好きになる男性心理については以下の記事も参考になります。

笑顔の女性を好きになる8つの男性心理とは?

2.ボディタッチをされた時

基本的に男性は自分が嫌いな相手には触れません。

だからこそ、女性からボディタッチをされると、
「好意」がある。
もしくは、「嫌われていない。」と認識します。

 

男性にモテる女性はボディタッチをよく使いますが、
男性がボディタッチをすると、その女性を気になり始めることを
彼女たちは、無意識か意識的にか理解しているのです。

3.話しかける

仕事でもない限り、男性は興味のない女性に積極的に話しかけようとはしません。
そのため、男性も女性も同じように興味のない男性には話しかけないだろうと考えています。

ですから特定の女性から話しかけられることが多いと、

「もしかして、彼女は俺に気があるのかな?」

と男性は勘違いするのです。

他の男性には、そんなに話しかけていないのに、
自分にだけ話しかけてくれる女性がいるだけで、
男性はその女性が気になり始めるものです。

 

4.褒められた時

男性は、プライドが高く常に褒められたいと思っています。

そのため、特定の女性に褒められることが続くと、
褒められた男性は、相手の女性のことが気になり始めます。

何故なら、相手の女性は「自分を認めてくれる」貴重な存在だからです。

もちろん、社交辞令的な褒め方であれば、
「この子、適当に言っているだろう。」

と思う男性も少なからずいますが、褒められて嫌な気はしないものです。

5.頼られた時

男性心理として男性は、
相手に何かをしてもらった時よりも、
相手に何かをしてあげた時のほうが、相手に好意を持ちやすい性質があります。

また、男性は「女性の役に立つ=男として価値がある」と本能的に感じています。

ですから、自分をよく頼ってくれる女性がいると、
その女性から、「あなたは頼り甲斐のある男として価値がある男性」だと
言われているように感じて自信が持てるのです。

そして、男として自信を持たせてくれる女性の事を男性は、意識し始めるようになります。

そのため、
男性に、頼った、助けてもらったりするのがうまい女性は男性にモテます。

言い方を変えれば、甘え上手な女性は、
男性にとって気になる存在になりやすいと言えるでしょう。

男性にモテる女性の特徴は以下の記事をご参考ください。

モテる雰囲気を持つ女性の11の特徴|モテる女性になる超簡単な3つの方法とは?

6.一目惚れした

男性は女性よりも一目惚れしやすい生き物です。

相手の女性が、自分のドンピシャのタイプだった場合には、
女性の性格を知る前に「好きだ!」と瞬間的に思ってしまうこともあります。

とは言え、一目惚れした時の男性は相手の女性に「性的」に惹かれていると言う事。
一目惚れした時点では、「好きになっている」とは言えません。

とは言え、一気に「とても気になる女性」になっていることには違いありません。

7.自分への好意を感じた時

今まで、男性が女性のことを「気になる存在」だと
認識するきっかけをご紹介しました。

これらを見て、お気付きの女性も多いかと思いますが、
男性が女性を気になるのは、「女性からの好意」を感じた時です。

女性から笑顔を向けられたり、ボディタッチをされると

男性は、
「彼女は、もしかして俺に気があるのかも?」

と勘違いし、相手の女性が気になるようになるのです。

男性は、「手に入る可能性」を相手の女性に見出してこそ、
好きになっていきます。

好意を向けることによる効果については以下の記事も参考になります。

片思いは好意バレした方が上手くいく?9割以上の男性が嬉しい

 

では、「気になる」の次の段階、
男性が女性を好きだと気づくきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

男性が女性を「好き」だと気づく5つのきっかけ

1.他の男性に嫉妬した時


そもそも男性は、女性からの「好意」を感じて、

相手の女性が気になるようになるものです。

そのため、男性は少なからず好意を向けてくれる女性の事を
「自分の女」だと思っているものです。

ですから、自分の女であるはずの女性が、他の男性と仲良く話している時や、
彼女を狙っている男性を知った時、焦りを感じてしまいます。

そして、男性自身が自分の中の「嫉妬」の感情に気が付いたときに、

「ああ、俺は彼女のことが好きなんだな。」

と実感します。

以下の記事も参考になります。

嫉妬させたい10の男性心理とは?|付き合ってない場合と恋人のケース

2.長い間会えなかった時

女性は好きな男性に会えば会うほど、「好き」と実感じます。

逆に男性は会えなければ会えないほど、「好き」だと実感するのです。

ですから、気になる女性が近くにいるときは自分の好きという気持ちに気が付いていない男性も、
1ヶ月など長い間女性と会えない期間が続くと、寂しくなってきます。

「失って初めて、相手の大切さに気がつく」

とよく言われますが、その時の男性心理と同じで、会えない時間が続くと

「ああ、俺は彼女のことが好きなんだな。」

と気がつくのです。

3.女性の好意がみられなくなった時

男性が、「彼女は俺の事が好きだ」と確信している時、
その女性が急に冷たくなったり、他の男性に心変わりしそうな時に男性は焦るものです。

男性は、「自分の女」だと思い込んでいる女性が自分の元から離れようとした時、
本能的に追いかけてしまう習性があります。

ですから、相手の女性の好意が感じられなくなった時に、焦りを感じて
彼女に対する自分の好意に気がつくケースは意外と多いものです。

 

4.相手の事を考える時間が多くなった時

男性と女性の脳のつくりは違っています。
女性は、1度に複数の事を考えたり行ったりする事が出来ます。

一方で、男性は1度に1つのことにしか集中できないのです。

ですから、男性は好きな女性が居ても、仕事中には仕事の事しか考えていませんし、
好きな女性の事を思い出すのは、寝る前の何分くらいと言われるほど目の前のことしか
意識していないのです。

そんな中、ふとした瞬間に相手の女性の事を考える時間が増えてくると、
男性自身も「あれ、また彼女の事を考えているな。」と気がつくものです。

そして、その時に彼女を好きであると気がつくのです。

5.女性に時間もお金も注ぎ込んだ時

男性は、自分の「好き」という気持ちに鈍感です。
ですから、男性は相手の女性にどれだけ労力(時間やお金)を注ぎ込んだかで
自分がどれだけ相手の女性を愛しているか理解します。

例えば、男性は気になる女性にLINEをたくさん送ったり、
デートに誘ったりしています。

この時、男性は自分の気持ちがまだ良く分かっていません。

しかし、1人の女性のために頑張っているうちに、
「これだけ頑張っているんだから、
俺は彼女のことが好きなんだな。」

と実感するのです。

男性の場合は、気持ちが先ではなく行動して初めて「好き」という気持ちに気がつくのです。

こちらの記事も参考になります。

 

 

 

まとめ:男性が女性を好きになるきっかけは意外と単純

男性が、相手の女性を好きになる前に「気になる」という段階があります。

男性が女性を気にし始めるきっかけというのは意外と単純で、
基本的に「相手が自分に好意を向けてくれた時」です。

それが、例え男性側の勘違いであっても男性は相手の女性を意識し始めます。

そして、相手の女性を好きになるきっかけというのは、

「自分が相手のためにどれだけの事をしたか?」

もしくは、
「どれだけ、相手のことを考えているか?」

ということに気が付いた時です。

「ああ、これだけ考えてるから俺は彼女が好きなんだろう。」
「ああ、ここまで頑張っているから俺は彼女が好きなんだ。」

と実感するのです。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです