アメリカ・ロサンゼルスに住むディラン・シーゲル君6歳は、
難病である「糖原病1B型」を患うジョナ・プアナザリアン君7歳を
助ける為に、絵本「チョコレートバー」を制作しました。

ジョナ君が患っている「糖原病1B型」は1万人に1人に発症する確率
の肝疾患で、現在のところ治療法は見つかっていません。

ジョナ君の母親ローラさんは、毎朝午前3時に、ジョナ君の胃の中に
チューブを介して水とコンスターチを混ぜたものを流し込みます。

彼女がいなければ、ジョナ君は肝臓に糖分を保存することができず、
低血糖となり危険な状態となります。

チョコレートバー 絵本左からディラン君、ジョナ君

出典:abcNEWS

その為、彼女は毎晩「目覚まし時計に気付かなかったら?」
不安な気持ちを抱えています。

しかしジョナ君を心配しているのはジョナ君の両親だけではありません
でした。

ジョナ君とディラン君は、小学校に就学する前からの親友でした。
フロリダ大学で糖原病1B型の患者を診ているデビット・ワインスタイン医師は
「病気の治療法を見つける為の研究費を稼ぎたい」と思っているディラン君
が6歳だと聞いたとき「可愛いな」と思ったそうです。

また、ディラン君の両親も、ディラン君の想いを知り、レモネードなどを
販売してはどうか?と提案しました。

しかし、ディラン君自身、すでに絵本を制作することを決めていました。

彼は、1時間ほどで題名「チョコレートバー」という絵本を制作しました。
ディラン君の言葉では「チョコレートバー」とは「最高!」という意味で
使用されています。

チョコレートバー ディラン

出典:chocolatebarbook.com

絵本のチョコレートバーの最初は「ディズニーランドはとてもチョコレートバーです。
(ディズニーランドはとても最高です。)」で始まり、
最後のページは「僕は、友達を助けたい。それは最大のチョコレートバーです。
(友人を助けられることができればそれはとても最高です)」で締めくくられています。

チョコレートバー 絵本 6歳

出典:huffingtonpost.com

最初にこの本を販売したのは学校のイベントでした。
フールフードマーケットから寄付されたチョコレートバー100本と、
ディラン君の制作した絵本200冊は1時間で売り切れ5000ドル(約50万)
を稼ぎました。

その後、ディラン君の絵本は40万ドル(4000万)を達成。その時ワインスタイン医師は
ABCニュースで

「この難病の為に様々な医療財団から補助金が集まりましたが、それらを集めた金額よりも
彼が集めたお金はそれらを上回った事にびっくりしている。」

と語っています。

この放送で「チョコレートバー」の売上金額は50万ドルを達成し、その24時間以内には
75万ドルを達成していました。

ディラン君の本は20ドルで販売されていますが1年と少しでアメリカの50の州と42か国
で販売され、75万ドル(約7500万円)を達成しました。

彼らが目標としている金額100万ドル(約1億円)まではもうすぐです。

このお金はすべてフロリダ大学の「ジョナ研究基金」に直接寄付され、
疾患の研究費用に充てられます。

(記事引用元:abcNEWS

絵本「チョコレートバー」の購入はホームページ
chocolate barから可能です。▼
HP:http://www.chocolatebarbook.com/store

「chocolate bar」facebook▼
https://www.facebook.com/Chocolatebarbook

恐らく、ディラン君の「友達を救いたい」という想いを知ったとき、
両親や周りの大人達は「彼の優しさに少しでも協力できれば」
思い手伝っていた事と思います。

しかし、わずか6歳のディラン君の想いと行動は、世界を動かすことに
なります。本人はもちろん、周りの大人たちもびっくりしたに違いありません。

こういったストーリーを知ると「人の為に良かれと思って純粋に行動する事」
は必ず人に伝わるのだと感じます。

しかし、ほとんどの人がその1歩が踏み出せません。ディラン君の純粋さと友情
そして勇気ある行動力は尊敬に値します。

私たちも今一度「人の為に何ができるか?」「自分に出来る事は何か?」
という事を考えてみても良いのかもしれません。

【おすすめ記事】

■年齢・外見関係なく一生深く愛される方法:アラサーからの恋愛マニュアル

■彼の今のあなたへの気持ちを知る方法:男には好きのレベルが6段階ある

■男に本気で愛される方法:人に好かれる会話術


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです