中国軍が、先月下旬に開かれた重要会議を受けて「戦争準備」の動きを強めていると報道されました。
これにより、日本への影響はどうなのか、またトランプ氏から、バイデン氏の新政権誕生に向けて、世間の人々はどのようなことを懸念しているのか調べてみました。




そもそも中国の「戦争準備」の意味とは?

簡単にまとめると、アメリカ大統領選が話題となっていますが新新政権発足後も、「台湾や南シナ海をめぐる緊張が続く」と中国側は予想している模様。
そのため、「戦って勝てる軍隊」の実現を目指しているもようです。

ネットでは、「アメリカ大統領選」が影響しているだろうという声が多数みられました。

具体的には、以下のようなことが予想される模様です。

今後の軍事演習:海軍の潜水艦、空軍の偵察機や戦闘機、ロケット軍の対艦弾道ミサイルの動員(敵国の空母による南シナ海や台湾海峡の航行阻止を想定)
人工知能(AI)など新技術を使った兵器開発:軍と民間企業が連携する「軍民融合」がさらに強化

参考:yahoo

中国の戦争準備で日本への影響は?

中国が「戦争準備」を強化する上で、日本にどのような影響があると懸念されているのでしょうか?

ネットでは、沖縄や尖閣諸島に影響が出ると予想する声が多数見られました。

バイデン大統領ならどうなる?

ネットでは、バイデン大統領になることで、中国への攻撃が強まる・侵略が始まるなどといった予想をしている人が多いようです。

ad by google

トランプだったらどうなっていたのか?

一方で、トランプ氏は、中国を押さえつけられていたから平和だった。
トランプ氏は、中国を牽制(けんせい)できていたといった声がありました。

一体、日本への影響はどうなるのか?

新しい大統領に変わることで、毎回、このような議論が繰り広げられている気がします。
政治のことはよくわかりませんが、中国側もアメリカの新政権発足に向けて、警戒心を強めているのではないでしょうか。

今後、アメリカや日本の対応に注目が集まります。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです