北朝鮮による拉致被害者の地村保志さん(65)の父、保(たもつ)さんが7月10日に亡くなりました。
地村保志さんと妻・富貴恵さんは1978年にデート中に拉致され、その後、日本に帰国しています。

ここでは、地村保志さんと妻・富貴恵さんのwiki風経歴や子供さんたちの顔画像などを調査しました。




地村保志さんと妻・富貴恵さんwiki・顔画像

浜本富貴恵
https://mainichi.jp/graphs/20171015/hpj/00m/040/001000g/6

撮影:2002年10月17日
地村保志さんと妻の濱本富貴惠さんは1978年7月7日−8日にかけて福井県にて、拉致され「アベック拉致事案」として知られています。

地村保志さんは、1955年6月4日生まれで、拉致当時は23歳、福井県小浜市で大工見習いとして働いていました。
その頃、お付き合いしていた濱本富貴惠さんは1955年6月8日生まれで地村保志さんと同じ歳。彼女はブティックの店員として働いていました。

拉致された後、1979年に2人は結婚。
2002年に「一時帰国」として日本に返されましたが、本人たちの意思と、日本政府の強い保護によって、そのまま日本に。
2004年には、日朝首脳会談の結果、2人のお子さん(娘1人・息子2人)が帰国を果たしています。

ad by google

地村保志さんの現在とは?

地村保志さんは、平成28年に「小浜市役所」を退職されたと報道されていますので、帰国後、市役所にて働きはじめたようです。
なお、ここ最近では、小浜市内の小中学校で講師を務め、拉致被害の体験を語っているそうです。

地村保志さんの子供(娘・息子)について

地村保志 子供
http://www.asahi.com/edu/nie/kiji/kiji/TKY200405280167.html

地村保志さん夫妻には、娘1人と息子2人がいます。
上記の画像は、2004年当時、お子さんたちが帰国した際の写真で、長男と次男が写っています。

娘さんの画像については、今のところ見つかっていません。

帰国した当時、長女は22歳、長男20歳、次男は16歳です。

長女は、師範大学を卒業、長男は、平壌機械大学生、次男は商業大学生だと報じられています。

現在、計算すると娘さんは38歳、長男は、36歳、次男は32歳になっています。

地村保志さんの父・保(たもつ)さん死去

地村保志さんの父・保(たもつ)さんが7月10日、福井県小浜市内で死去ことがわかりました。93歳でした。
ご冥福をお祈り申し上げます。

世間の声

地村保志さんは日本に帰国でき、保さんも息子さんに再会することができました。
しかし、横田めぐみさんの父・横田滋さんは再会することなく亡くなりました。

1日でも早く拉致問題が解決することを祈るばかりです。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです