チャドウィック・ボーズマンさんが43歳の若さで亡くなりました。
彼は、亡くなる少し前に恋人のテイラー・シモーネ・リードワードさんと結婚しています。

テイラー・シモーネ・リードワードさんについての情報がほぼないので調べてみました。




チャドウィック・ボーズマンの結婚相手はテイラー・シモーネ・リードワード

チャドウィック・ボーズマンさんは、テイラー・シモーネ・リードワード(Taylor Simone Ledward)さんと密かに結婚していたことがわかりました。
チャドウィックさんは、2020年8月28日にガンで亡くなりましたが、彼が亡くなる前に2人はけっこんしていたようです。

チャドウィックさんは2019年10月頃、テイラーさんにプロポーズし、チャドさんのガンが進行するまえにプライベートな式で、誓いをたてたと言われています。

ad by google

テイラー・シモーネ・リードワード(Taylor Simone Ledward)の経歴

テイラー・シモーネ・リードワードさんは、2014年にカリフォルニア州立工科大学ポモナ校を卒業し、音楽産業研究の学士号を取得しており、歌手として活動しています。

彼女は、大学在学中、ジャズバンドを組んでいましたが、リードシンガーを担当していました。

上記の動画は、テイラーさんのYouTubeのチャンネルです。

テイラーさんの年齢ですが、2018年の時点で27歳と記載されている英語のサイトがありましたので、2020年現在は、29歳ほどでしょうか。
チャドウィックさんより、13−14歳年下のようですね。

チャドウィックとの関係は2015年頃

初めてチャドウィックさんとテイラーさんの2ショットがパパラッチされたのは、2015年でロサンゼルス国際空港でのことです。

そして、最後に2人の姿が公で見られたのは2020年2月にNBAオールスターゲームでコートサイドに座っているところを写真にとられています。

夫婦の最終的な共同出演は、2020年2月にNBAオールスターゲームのコートサイドに座ったときです。

テイラーさんは、最後までチャドウィックさんを支え、最後まで見守りました。

参考:msn/dreshare.com

チャドウィック・ボーズマンの経歴・出演作品

チャドウィック・ボーズマンさんは、1976年11月29日生まれのサウスカロライナ州アンダーソンのブルーリッジ山脈出身。
母親は看護師で父親は織物工場で働くかたわら室内装飾事業も行っていました。両親はアフリカ系アメリカ人です。

TLハンナ高校を卒業後、ハワード大学に進学。オックスフォードのBritish American Drama Academyで演技を学び、アメリカ帰国後は、ニューヨーク市のデジタルフィルムアカデミーを卒業しています。

2003年からキャリアがスタート

2003年のドラマ「サード・ウォッチ」で初めてTV出演を果たします。
その後、CSI:ニューヨーク、ER緊急救命室など人気ドラマに単発で出演。

2013年に公開の映画「42 〜世界を変えた男〜」で初めて映画で主演を努めました。

2018年には映画「ブラックパンサー」に出演。

この映画で、名前が広く知られるように。

遺作

遺作は、Netflixのドラマ「ザ・ファイブ・ブラッズ」。
ベトナム戦争でともに戦った4人の黒人退役軍人が、隊長の亡骸と埋められた金塊を探すために戦場へ舞い戻るという物語です。

2016年に結腸がんと診断

2016年にステージ3の2016年に結腸がんと診断され、2020年までにステージ5に進行しました。
彼は、自分がガンであることを公表しておらず、治療を続けながら仕事を続け、「ザ・ファイブ・ブラッズ」に出演の際も、治療を繰り返しながら演じていたとのことです。

参考:en.wikipedia

世間の声

日本にも多くのファンがいる素敵な俳優さんでした。

チャドウィック・ボーズマンは永遠に

チャドウィック・ボーズマンさんはわずか43歳という若さで亡くなりました。
これからという時に本当に残念でなりません。

彼は、自分の病気を公表せずに最後まで仕事を続けたプロ意識の高い俳優であり、演じることが大好きだったのでしょう。
最後は最愛の妻と家族に看取られ亡くなられました。

チャドウィック・ボーズマンさんのご冥福をお祈り申し上げます。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです