カルロス・トシキさんは、日系ブラジル3世。

1980年代に、

バンド「1986オメガトライブ」「カルロス・トシキ&オメガトライブ」

のリードボーカルを務め、

「君は1000%」をはじめとする、

数々のヒット曲を発表。

 

バンド解散後は、ソロ活動をはじめるものの、

椎間板ヘルニアを患い、静養のため、母国ブラジルに帰国しました。

「君は1000%」▼

ad by google

ブラジルに戻って実家のレストランを手伝う

ブラジルに戻ったカルロスさんは、

実家のレストランを手伝う生活を送っていました。

その後、

ブラジルでは、自分の歌は、受けないと思い農業の道へ。

 

彼は、ブラジルに戻った際に、

ニンニクがまずいことに気づいて、

美味しいニンニクを作るため、

 

パラナ州の友人の営む

種苗会社『テクノプランタ』に入社し、

ニンニク部門の責任者として働いています。

 

47歳の時には、勉強のためブラジルの国立大学に入学し、
バイオテクノロジーを学びます。

 

ニンニクの品種改良を成功させ、

カルロスさんが開発したニンニク種球は、
ブラジルでのシェアが100%とのこと。

現在は、会社で、ニンニク部門の責任者として働く傍ら、

日本でライブ活動なども行っています。

(参考文献:ノンストップ!・女性自身

私生活では95年に結婚

オメガトライブ解散後、カルロスさんは
ソロ活動を始めますが、

1995年に1つ年上の中山美奈子さんという女性と結婚されています。

カルロス・トシキ&オメガトライブ動画集

まとめ

80年代、一斉を風靡したカルロス・トシキさん。

ブラジルに帰国後、
ニンニクがまずいことに気づいて、
大学に入学し、今や、カルロスさんのつくるニンニクが
ブラジルでシェア100%。

日本で、歌手としても成功し、
ブラジルでは、ニンニクの品種改良も成功させました。

現在、日本で、ライブも行っているようです。
カルロスさんの曲に興味を持った方は、1度、ライブに参加してみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです