禁煙の効果とは?がんなどのリスクを下げるには長い期間が必要!


禁煙は、喫煙によるがん狭心症心筋梗塞脳卒中
慢性閉塞性肺疾患喘息の健康障害の発生を予防する効果があります。

喫煙によって、煙草の煙が触れる口腔や喉頭や肺がんが発生しやすくなります。
また、胃や肝臓などのがんもリスクが高まりますので、
禁煙することは死亡を含むリスクの軽減に繋がります。

禁煙 がんリスク

特に、肺に関係のある健康障害は喫煙との関係が強いのが特徴です。

喫煙は煙草を吸う本人だけではなく、周囲の煙草を吸わない人に
も副流煙による受動喫煙によって健康障害が起こるリスクが発生します。

特に、妊娠中の妊婦の場合、早産のリスクや赤ちゃんの知的能力の影響や
発達障害が上がりますので注意が必要です。

子供の場合、喘息や気管支炎や中耳炎などから免疫力の低下などが発生しやすくなります。
喫煙者の吐く息にも数分は、煙草の成分が含まれます。

また、他人の前で吸わなくても煙草の煙に含まれる有害物質は、
喫煙者や周囲の物に付着して健康障害の発生を高めます。

そのため、禁煙することは喫煙による全てのリスクの発生を防ぐ効果があります。
また、禁煙の効果は金銭面にもあります。

健康障害が発生すると病院のお世話になりますので、お金が掛かります。

特にがん治療の場合、手術代や薬代などの治療費から、
入院する場合は食事や個室を希望する場合は差額ベッド代などの治療に伴う費用も必要になります。

また、外来の場合は再診料や投薬注射料や通院のための交通費なども必要になります。

健康保険や国民健康保険で一部賄うことはできますが、
新しい薬や医療機器を使うなどの保険が適用されない最新の治療を受ける場合は全額自己負担になります。

禁煙の効果が表れるのは、15年以上と言われています。
今は若いから大丈夫だと思っていても15年後に禁煙したからと言って
今までタバコを吸った経験がない人と同等に病にかかるリスクが下がるわけではありません。

禁煙をお考えの方は、早めの行動をお勧めします。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る