今回は、BIGBANGの魅力。そしてメンバーの性格や人気順などについてご紹介します。

ad by google

BIGBANGの魅力とは?

BIGBANG メンバー 人気順

出典:YG Entertainment

BIGBANGは韓国だけではなく、アジア、そして全世界でもK-pop界を代表する5人組の男性グループです。

なぜそこまで有名で人気なのか?一つの魅力としてはやはり楽曲。BIGBANGは比較的洋楽に近い楽曲でもあり、どの国の方がでも聞きやすくて親しみやすい、ノリやすい曲が多いです。

バラードから最近のMADEアルバムからの「BANG BANG BANG」などキャッチーなリズムとメロディーがある楽曲が多いので、中毒性があります。

もう一つの魅力はビジュアル。5人のメンバーのビジュアルもありますが彼らのファッションも注目されています。
ロックテイストの時もあり、すこしゴージャスな時もあり一際目立つ存在です。

また、メンバーのG-DRAGONはファッション界でもたくさんショーに招待され、有名なデザイナーとも親交が深いことでも知られています。

最後はやはり5人の完成度の高さ。容姿だけではなく、謙虚な姿勢、そして個々の個性とタレント性。全てを揃えて、BIGBANGが色んな人の心を掴んでいます。

BIGBANGのメンバーの性格と魅力

BIGBANGの1つの魅力はメンバーの個性の豊かさです。

G-DRAGON

まず、G-DRAGON。G-DRAGONはBIGBANGのリーダーであり、ラップ担当です。
また、数々の作詞作曲もしていて多才です。外見は派手な髪型や大きなアクセサリーで怖いイメージを持たれることが多いですが、実はシャイな一面もあり、照れることが多い性格です。年下のVIをよくいじめる、少しSでツンデレな場面もよく見られます。

T.O.P


T.O.PはG-DRAGONと同じく、ラップ担当です。
T.O.Pはとても低い声の持ち主で外見は王子様の様な完璧な容姿を持っています。
テレビ番組などに出演する際はあまり話さないと思われがちですが、実はとてもお茶目であり悪ふざけをすることがあります。

韓国語でビングT.O.P(アホな/お馬鹿な)と呼ばれてしまう程、変わったダンスを披露する時もあり、お茶目な性格でファンの心をつかんでいます。

SOL

SOLはダンス・ボーカルで多くのファンを魅了しています。雰囲気はとても穏やかで笑うとさらに魅力が増します。しかし、それとは裏腹に、ライブでは自由でハイテンションになる場面が多いという意外な一面もあります。

D-LITE

BIGBANG メンバー 人気順

出典:BIGBANG公式サイト

D-LITEは日本でのソロ活動で一気に知名度が上がり、ライブでも日本語でのMCをスラスラとこなしてしまいます。見た目がかわいくておとなしいイメージですが、SOLと並ぶ筋肉や腹筋の持ち主です。歌声もとてもバワフルで多くのファンを魅了しています。

V.I

そして、BIGBANGの末っ子V.I。V.Iは日本のバラエティー番組が大好きで、日本語はBIGBANGの中で一番うまいと言われています。日本のギャグを連発したりお笑い担当であるVIですが、韓国で有名なダンスアカデミー「JoyDance&Plugin」を設立しているという意外な一面もあります。

V.Iのダンスアカデミーには練習生が多数在籍しており、中にはアイドルとしてデビューした人もいます。
女性のスキャンダルや、詐欺被害にあった事など何かとお騒がせの多いV.Iですが、とても愛されているメンバーです。

BIGBANGのメンバーの人気順とは?

ラップを主に担当するG-DRAGON、T.O.P、そしてボーカルのV.I、SOL、そしてD-LITE。彼らは音楽だけではなく、バラエティー番組やドラマ、映画にも多数出演しており、幅広く活動を行っています。

メンバーの人気順といえば、面白い事にBIGBANGはとても平等と言えるでしょう。
日本国内ではD-LITEがソロ活動でライブツアーを行ったことで、たくさんの日本のファンの心をしっかりとつかみ取っています。

また、T.O.Pは俳優活動で有名ですが、日本でも公開される作品が多く舞台挨拶のためにも来日をいます。
また、口数が少なく整った顔と体形で年上のファンが多いことでも有名です。

SOLもD-LITEそしてG-DRAGONと同じく、日本国内でソロツアーを行っており、ダンス、そして魅力的な歌声でたくさんのファンの心を掴んでいます。

そして日本のバラエティー番組でたくさん活動した日本語堪能なV.Iはお笑いのセンスと親しみやすさでいつも歓声が上がります。
最後にG-DRAGONカリスマ的存在でもあり、男女問わず憧れの存在にもなっていると思います。

メンバーそれぞれの個性を活かし、それぞれの得意分野で活躍しているため人気順は平等だと言えるでしょう。

しかし、G-DRAGONはの存在感は群を抜いています。彼は、日本での知名度も高く、作詞作曲も行っておりメンバーの中でも目立つ存在です。
認知度・カリスマ性という意味では間違いなくG-DRAGONが1番でしょう。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです