現在、2016年アメリカ合衆国大統領選挙の候補者の中では激しい戦いが繰り広げられています。
来年の1月上旬には大統領および副大統領当選者が正式決定されますが、
現在、共和党で支持率のトップ争いをしているのが不動産王のドナルド・ジョン・トランプ氏(Donald John Trump)
ベン・カーソン氏(Benjamin Solomon “Ben” Carson)です。

2015年11月中旬現在では、ベン・カーソン氏が有利な状況ですが、ベン・カーソン氏について日本ではまだ情報が少なく、
今回はベン・カーソン氏の経歴や生い立ち、私生活などについてご紹介したいと思います。

ベン・カーソン氏の経歴や生い立ち

ベンカーソン 経歴ベン・カーソン氏と夫人

出典:bencarson.com

ad by google

幼少期

1951年9月18日アメリカ・ミシガン州のデトロイトに生まれます。
ベン・カーソン氏の母親は13歳の時に、父親と結婚しましたが、父親には別の家族がいたため、ベン氏が8歳の時に離婚しました。

カーソン氏と兄は母親に引き取られ、育てられます。母親はいくつもの仕事を掛け持ちしながら2人の息子を育てました。

学歴

1973年にイエール大学を卒業。専攻は心理学でした。
イエール大学卒業後、ベン氏はX線技師や、銀行の出納係、スクールバスの運転手など様々な仕事をしていました。
その後、ミシガン大学医学部に入学。
1977年に医学博士を取得し、医師となります。

医師としてのキャリア

メディカルスクールを卒業後、ジョンズ・ホプキンス大学でレジデントとして働くようになります。
1984年33歳の時に、小児神経外科部長に就任。
1987年には頭部が癒着したベトナム人のシャム双生児を分離する難しい手術に成功し、一躍有名となり
アメリカで最も尊敬される医師として知られています。

その後、29年間ョンズ・ホプキンス大学小児神経外科で部長を務め、
2013年に外科医を引退することを発表し7月1日に退職しています。

主な受賞歴

2006年、年に1度優れた業績を示したアフリカ系アメリカ人に授与されるスピンガーンメダルを受賞
2008年6月にはブッシュ大統領より文民に贈られる最高位の勲章・大統領自由勲章が授与されています。

その他、2014年ギャラップが行った世論調査では、「世界で最も賞賛に値する人物」で6位にランクインしています。

その他の功績と仕事

1994年にはベンカーソン奨学基金を設立。
作家としても活躍しており、自叙伝を含む8冊を出版しています。

私生活

ベン氏は1971年にイェール大学在学中に、現在の夫人・キャンディ・カーソン夫人と出会い1975年に結婚。
2人の間には3人の息子(Murray, Benjamin Jr.、 Rhoeyce)がおり、既にお孫さんもいるそうです。

参考文献:en.wikipedia/bencarson.com

まとめ

ベン・カーソン氏が大統領となれば、史上2人目の黒人の大統領となります。ベン・カーソン氏は貧しい家庭環境から
成功したという経歴から人気を得ていますが、カーソン氏の半生は誇張だという報道も出ています。

大統領選では、足の引っ張り合いが今後も、過激になりそうですが、アメリカでは年末・年始は大統領選挙の話題で持ち切りになるでしょう。
次期大統領は誰になるのか今後も、大統領選に注目があつまります。


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです