好きになった男性がバツイチ子持ちであるとわかった時、気にしないという女性がいる一方、複雑な気持ちになる女性もいるでしょう。

また一方で、なかなかバツイチ男性が振り向いてくれないと悩む女性も多いものです。

そこで今回はバツイチ子持ち男性の恋愛における7つの心理と恋愛傾向をご紹介します。
バツイチ子持ち男性を好きになって「彼の気持ちが分からない!」と思ったときは是非、参考にしてみてください。

バツイチ子持ちの7つの男性心理

ad by google

1.子供が小さいなら→子供のためにも奥さんが欲しい

バツイチ子持ちの男性はやはり子供のことを一番に考える人が多く、子どもが小さい場合は子どものためにも奥さんが欲しいという気持ちになるようです。

小さな子どもには母親という存在が必要で、甘えられる相手を自分以外にも見つけて欲しいという親心から結婚したくなる男性が大勢います。

自分にとっても、小さな子どもを1人で育てるよりも2人で育てる方が協力し合えるので助かるという面でも奥さんが欲しいと望むようです。

中学生や高校生になった子どもであれば、自分のことは自分でできるようになっています。むしろ、新しい奥さんを迎えるとなれば、思春期の子どものほうが反発してくることが考えられます。

子どもが小さなうちに、自分と子どもの両方を受け止めてくれる女性を見つけて結婚したいと思うのはバツイチ子持ちの男性にとって当然の心理だと言えます。

バツイチ子持ちの男性との結婚を考えるなら、子どもの存在は一番重要視するべきポイントです。

2.過去の失敗から恋愛に臆病になってしまう

前の奥さんと何かしらの理由で別れた後、バツイチ子持ちという理由で何度も恋愛に失敗しているという男性も大勢います。そのため、恋愛に臆病になってしまい、自分から積極的に行動を起こすことができずにいます。

バツイチ子持ちというハンデを抱えているだけで、いい人であっても付き合う相手や結婚相手として見られないという女性も多いのが実情です。付き合うだけならよくても、結婚までは考えられないという人もいるので臆病になりがちです。

子持ちという観点への理解が重要なので、バツイチ子持ちの男性に好意を持っている場合は、相手の状況や立場を理解できる存在になることで心を開いてくれるかもしれません。

臆病になってしまった心は、新しい恋愛や相手にしか癒すことはできません。恋愛をすることは怖いことではない、夢中になれて幸せな気持ちになれるものだということが伝えられれば、男性の恋愛対象になれる可能性もでてきますのでℤ諦めずにアプローチしていきましょう。

 

恋愛に臆病だから好き避けしているのかも

3.前の奥さんで痛い目に合っていたら→女を見る目が厳しくなる

前の奥さんとの関係がうまくいかず、痛い目にあっている男性は女性を見る目が厳しくなりがちです。同じ失敗をしたくない、少しでも悪いところがあると気になってしまい、前に進めないことも多いようです。

バツイチ子持ちの男性はいろいろな経験をしてきた経験値があるという長所に加え、ハードルが高くなってしまっているので妥協して結婚することができない短所があるのも実情です。

家事ができない、子どもに面識がない、気遣いができないなど、奥さんとして母親として適していないと判断してしまうと恋愛対象外にしてしまうこともあります。バツイチ子持ちの男性に好意があるのであれば、自分と付き合ったり、結婚したりするとメリットがあることをアピールできるかがポイントです。

男性にとってのメリットは子どもが好き、家事が得意、周りの人への配慮ができるなど、主婦のとって大切なものばかりです。事前にスキルアップすることも、バツイチ子持ちの男性と結婚するためには必要なことです。

4.優先順位が子どもが1番になる

バツイチ子持ちの男性は当たり前のことではありますが、生活においての優先順位において子どもが1番になります。バツイチ子持ちでなくても、子どものいる家庭では、お母さんの優先順位は常に子どもが1番です。

お母さんたちと同じで付き合っている女性ができても、子どもの幼稚園や小学校などの行事、子どもの体調などが優先になるので、女性のためにゆっくりと時間を確保できないのが実情です。

バツイチ子持ちの男性とお付き合いする場合は、子ども優先ということを前提に考えておきましょう。自分たちのことばかり考えて交際をしていると、子どもに寂しい思いをさせてしまうので結婚できたとしてもうまくいきません。

5.独り身が楽で積極的に恋愛しようと思っていない

バツイチ子持ちの男性でも、両親や兄弟などの協力を得て子育てもうまくこなせている人は独り身の方が楽だと感じている人も多いようです。積極的に恋愛をするよりも時間があれば、子どものために使ってあげたいという男性もいます。

独り身を楽だと考えている男性は、前の奥さんの存在が負担になっていた可能性が大きく考えられます。近場に自分の実家がある人であれば、仕事の関係で子どもを一時的に預けたりすることもできるといった恵まれた環境にあります。

兄弟がいる場合は協力を仰ぐこともできるので、わざわざ時間をさいてまで恋愛しなくてもいいと考えてしまうようです。恋愛をしても結婚に至って、また失敗してしまう可能性もあり、面倒くさいと感じる男性も少なくありません。

6.離婚したことをコンプレックスに思っている

バツイチ子持ちの男性は、一度離婚したということをコンプレックスに感じてしまい次に踏み出せないという人も大勢います。

「また、同じことにならないだろうか」「結婚できても、すぐに離婚することになったら子どもが可哀想だし、手続きも大変だ」など、いろいろなことを考えてしまい結婚する前に離婚することを考えてしまうようです。

バツイチ子持ちの男性が離婚するということはバツを抱えるだけでなく、子どもを振り回してしまうことにも繋がります。離婚をコンプレックスだと思っている限り、その気持ちが解消されるまでは結婚に進むことはとても困難だと言えます。

7.離婚して寂しさを感じている

バツイチ子持ちの男性は子どもはいるものの、パートナーという存在はいないので寂しさを感じている人も多いようです。

家に帰ると電気がついていて、奥さんがご飯を作って待ってくれているという生活を送っていたので、より寂しいと感じてしまいます。

離婚は望んでいれば、辛い状況やイライラした気持ちから解放され、前に進むことができます。望んでいない離婚の場合は、前の奥さんがいなくなった穴が埋まらず寂しさだけが日に日に増していくといった状態になりがちです。

 

 

以下の記事も役に立ちます。

バツイチ子持ちの男性の恋愛傾向

1.子どもがいるので寛大で優しい


バツイチ子持ちの男性は、子どもの育児を自分ですべてしているので優しい人が多く、気持ちも寛大だという傾向にあります。

女性が何か失敗しても、「そういうこともあるよ」「失敗しても気にしすぎないで」と思いやりをもって対応することができます。そういった面は、女性にとっては魅力を感じられる部分なので好かれやすいとも言えます。

「優しい」という条件は結婚する上で挙げている人が多く、バツイチ子持ちの男性には2つのハンデがあるものの、自分のことも子どものことも大切にしてくれるという印象が強いのも実情です。

2.結婚した経験があり女心が分かる

バツイチ子持ちの男性は結婚をしていたという経験から、家事や子育てをしていた女性の気持ちがわかる人も大勢います。喧嘩や話し合いなどを前の奥さんと重ねてきたことで、女心を理解できるようになったという人がいることも実情です。

女心を理解することは難しいことではありますが、バツイチ子持ちの男性はいわば父であり母なので両方を兼ね備えているので理解しやすい立場であると言えます。

反対に結婚はしていたものの、自分勝手な理由で離婚をしてしまい女心を全く理解できていないという男性も少なくありません。会話をしていれば、どちらのタイプの男性かは判断できるので相手を選ぶ上で重視したいポイントです。

3.消極的になりがちで恋愛がなかなか進展しない

バツイチ子持ちの男性の中にはバツイチだということ、子どもを抱えているということもあり、恋愛に消極的になってしまう人も大勢います。

付き合っても、なかなか会うことができない。子どもにかける時間が多くて、女性に時間をさくことができずなかなか進展できないというのが実情です。

仕事、家事、育児を両立するだけで1日はあっという間に終わってしまうので、そういった部分を理解してくれる女性でないと恋愛は難しいことも多いようです。

消極的になってしまうのは、前の奥さんとの結婚生活や付き合い方に問題があった可能性があります。バツイチ子持ちの男性と付き合いたいのであれば、そのことも考慮した上で慎重にアプローチをする必要があります。

バツイチ子持ちの男性との付き合い方

1.元妻のことはあまり気にしない

 

バツイチ子持ちの男性と付き合う上で、一番重要なことは元妻の存在は過去のこととしてあまり気にしないということです。

気にするなということは絶対に無理だと思いますが、極力気にしない、自分と元妻のことを比べないということが付き合っていくためには重要です。

今は元妻ではなく、自分に好意を持って付き合ってくれているんだという気持ちを見失ってはいけません。

たとえ、自宅から写真や手紙など元妻との思い出のものが見つかったとしても、子どもがいる以上男性としても処分することは難しいということを理解しておきましょう。

元妻のことよりも今の自分と相手、子どもの絆を深めることを重視しましょう。元妻のことを気にしていてもいいことはないので、自分に自信をもって付き合っていくことが大切です。

2.子どもが1番ということを理解する

子どものいない女性には難しいことかもしれませんが、バツイチ子持ちの男性と付き合うのであれば、子どもが1番ということを理解する必要があります。

子どもは、20歳になるまでは親元で生活をしていることがほとんどです。バツイチ子持ちの男性は結婚を視野に入れて、女性とお付き合いをする人が大勢います。

子どものことも一緒に受け止められないのであれば、バツイチ子持ちの男性との将来を考えるのは難しいかもしれません。

バツイチ子持ちの男性と付き合うといことは、将来奥さんになると同時にお母さんになるということです。子どもは自分の大切な人が大切にしている人だと認識すると、見方も変わってくるかもしれません。

3.理解は示しても、我慢し過ぎない

先ほど、子どもが1番ということを理解することが大切だとお話ししましたが、理解をしようと努力をしても自分が我慢し過ぎてしまうようではいつか限界がきてしまいます。

自分なりに相手がバツイチであること、子どもがいるということを理解した上で、自分が寂しいときや頼りたいときは我慢せずに相手に話をするということも付き合っていくためには大切なことです。

相手が誰であれ、恋愛には我慢し過ぎることは禁物です。相手は仕事に家事、育児にと頑張っているので、いろいろな面で支えたい、子どもが一番なことも我慢しないといけないと気を張ってしまう女性も少なくありません。

いろいろな面で支えてあげることは大切ですが、自分の気持ちや負担が限界になってしまっていては意味がありません。とにかく我慢のし過ぎに注意しながら、向き合っていくように気をつけましょう。

 

 

外見は全く関係なし!会話で好きな男性を振り向かせたいなら、以下もおすすめです。

バツイチ子持ちの男性と結婚したいなら

1.相手の結婚の意思を確認する


バツイチ子持ちの男性との結婚を考えている場合は、相手に結婚の意思があるのかを早い段階で確認しておく必要があります。結婚はもうしたくないけど、女性とは恋愛したり、付き合ったりしたいという男性も少なからずいます。

自分も結婚をしたいと思っていないなら問題ありませんが、子どもがいてもその男性と結婚をして家族になりたいと思っているなら、早めに確認しておきましょう。

意思の確認が遅れてしまうと、婚期を逃してしまったり、無駄に時間を使ってしまったりということになりかねませんので注意しましょう。

自分と相手が向かっている場所が同じであるかどうかは、結婚を考える上でとても重要なことです。男性の中には結婚に焦りを感じておらず、付き合っているだけの関係が楽で意思が曖昧な人もいます。

将来の見えない相手といるのは、女性にとってとても不安なことです。意思がなかなか確認できない場合は、距離を置くことも視野に入れて行動に出てみるのもいいかもしれません。

2.相手の全てを受け入れる覚悟

バツイチ子持ちの男性と結婚するということは、前の奥さんのいたバツイチということ、自分の子どもではない子どもがいるということを全て受け入れるという覚悟が必要になります。

前の奥さんの存在は、子どもが一緒にいる限り完璧に消えることはありません。一緒にいる時間が長くなるほど、そこにいた形跡も見えてしまうかもしれません。

でも、今結婚する相手は前の奥さんではなく、自分だという強い気持ちをもって結婚に臨むことが大切です。

覚悟がない状態では、結婚しても理解できないことや自分への負担を強く感じてしまいうまくいかない可能性があります。自分までバツイチになってしまうかもしれないので、充分に考えて覚悟ができるか自分の気持ちを整理しましょう。

相手がバツイチ子持ちの男性でなくても、結婚する相手の全てを受け止める覚悟が必要です。

結婚後、受け入れられない部分が出てくるかもしれませんが、それを個性と受け止めるか、絶対に許せないと受け止めるかは人それぞれです。

バツイチ子持ちの男性は他の男性とは違いますが、いいところもいっぱいあるはずです。1人で子育てができるのは親子が信頼し合い、男性が親として頑張っているからです。

そこを尊敬することができ、支えてあげたいと思う気持ちがあれば全てを受け入れる覚悟もできるのではないでしょうか。

3.焦らず時間をかける

バツイチ子持ちの男性と結婚したい場合は、自分の年齢が気になったとしても焦らず時間をかけて付き合っていくことが大切です。

自分が受け入れられたり、理解できたりしたとしても子どもはそんなにすぐには新しいお母さんを受け入れることはできません。男性との信頼関係を築くことももちろんですが、ゆっくりと子どもとの距離を縮めていくことも結婚する上でとても重要です。

前のお母さんの代わりに、自分が子どものお母さんとして育てていくんだという覚悟もそんなにすぐにはできません。「この人と結婚したい」という気持ちだけで、焦って結婚に踏み込むことは絶対にしないようにしましょう。

前の奥さんと同じようには、もちろんできません。生活リズムも違い、子どもの育児も初めてで、すぐに完璧こなせる訳がありません。

男性は全て経験してきているので、大変なこともすぐに主婦として完璧になれないということもちゃんとわかっています。

 

早く子どものお母さんになって欲しい、奥さんとして家庭を支えて一緒にいて欲しいときっと思っています。

でも、焦らせることはあなたにとっても子どもにとってもよくないことなので、待ってくれるはずです。ゆっくりと時間をかけて家族になる準備を進めていきましょう。

4.子どもが欲しいならきちんと話あう

バツイチ子持ちの男性と結婚がしたいのであれば、自分たちの子どもが欲しい場合は自分の気持ちを伝えて、きちんと話し合うことが大切です。

前の奥さんとの子どももいるので、その子の気持ちを考えた上で子作りをすることが絶対条件です。

前の奥さんと自分がお腹を痛めて出産した子どもは、やはり女性にとって違って見えてしまうこともあります。

しかし、どちらの子どもも自分の大切なパートナーの大切な子どもであり、自分の家族であることに変わりありません。

差別することなく、どちらも同じように大切にすることができるかどうかをしっかりと考えましょう。気持ちだけの行動では、子どもやパートナーを傷つけてしまうかもしれないので要注意です。

新しい家族が増えることは、嬉しいことです。ゆっくりと時間をかけて絆を深めてきた家族であれば、再婚でも本当の親子でなくても一緒に喜ぶことのできる出来事です。

ただ慎重に話を進め、子どもが年齢的にも話をして少し理解できるようになってからの方がいいかもしれません。一度、子どもにそれとなく聞いてみるのも1つの方法です。とにかく慎重に、誰も傷つけない言葉で進めていきましょう。

5.金銭的なことも理解し支える

バツイチ子持ちの男性との結婚を考える上で重要なのは、金銭的なこともしっかりと理解し支えていくことです。バツイチ子持ちということは本業の仕事に加え、家事や育児も自分1人でしているので生計ももちろん自分の収入のみで立てています。

結婚することで負担になるようでは意味がないので、自分も金銭面で少しでも支えになれるように努めることが大切です。

育児もあるのでフルタイム働くことは難しいですが、限られた時間の中での仕事と家事や育児面で支えていくことで結婚してからも強い絆が育まれます。

バツイチ子持ちの男性との結婚となると、財布を一緒にすることは難しいかもしれません。もし難しいのであれば、食費や水道光熱費など上手に分担するのも1つの方法と言えます。

本当は家族なので、主婦である女性が家計を管理しまとめることが理想的です。でも、同じ状況ではないので子どもの養育費やその他の費用など、男性にしかわからない費用もたくさんあるので、月々必要な費用を一緒に把握することで支えやすくなるかもしれません。

6.自分の親に理解をもらう

バツイチ子持ちの男性と結婚する上で難しいのが、お互いの関係や子どもとの距離を縮められたとしても、自分の親に理解してもらえず結婚できないといったパターンです。

特に離婚経験のない親だと理解することも難しく、自分の子どもを産んだことのない娘が人の子どもを育てられる訳がないと反対されてしまう可能性があります。

自分の親には自分だけでなく、相手の男性と一緒にどういった家族になっていきたいかを真剣に伝えることが重要です。

説得することは容易ではありませんが、しっかりとした将来設計と自分たちの強い意思を伝えられれば無理なことではありません。まずは、自分たちが一緒に家族として幸せになりたいという気持ちを正直に伝えましょう。

そして、男性には自分の親に必ず幸せにするという気持ちと根拠を伝えてもらうといいかもしれません。可愛い我が子がわざわざ大変な道へ進もうとしているときに、すんなりと「いいよ」と許してくれる親はいません。

心配で愛情があるからこそ親は反対するということも、理解しておくことが大切です。真剣な気持ちを親は無駄にはしないので、理解してもらえるかは自分たち次第です。

7.これからの自分たちの幸せを考える

バツイチ子持ちの男性と結婚する上で、大切なことをいろいろ紹介してきましたが何よりも大切なのは「これからの自分たちの幸せを考える」ことです。自分たちの幸せが見えない苦労ばかりの結婚では、幸せになれる訳がありません。

結婚にはバツイチ子持ちの男性が相手でなくても、ちゃんとした将来設計が大切です。自分たちなら一緒に幸せになれる、いい家庭を築いていけるという気持ちを持って結婚することが重要になってきます。

これから先は前の奥さんでも自分たちの親でもなく、自分たちが幸せになるということを考える必要があります。結婚に希望を持って、自分の選んだ男性との結婚に進みましょう。

結婚するということも、家族が増える嬉しい出来事です。相手の男性と子ども、そしてあなたと3人での生活は大変なこともたくさんあるかもしれません。

でも、誕生日や結婚記念日、クリスマス、お正月、子どもの幼稚園や学校行事など、楽しめる行事も増えます。

この先に待ち構えている幸せのことを考えて、結婚することへの不安を少しずつ取り払っていきましょう。バツイチ子持ちの男性との結婚は辛いことばかりではありません。

好きな相手と結婚するのであれば、幸せなこともたくさんあるはずです。幸せになるという気持ちを大切にしていきましょう。

バツイチ子持ち男性の彼の本音を知る方法

バツイチ子持ちの気になる男性が、本当はあなたのことをどう思っているのか今すぐ知りたい場合、電話占いヴェルニを利用するのも1つの方法です。

 

わたしは、好きな人の気持ちを占ってもらったのですが、彼の性格をズバリ言い当てられ、さらにたった3分で鑑定してもらえました。

 

初回の鑑定には、最大2500円の無料通話特典があるので、実質、無料で占ってもらえかなりスッキリしましたよ。

 

とはいえ、電話占いは怖いというイメージしかなかったので、あなたも「怖い」と感じているなら、是非、以下の記事もご覧になってみてください。

 


Sponsord Links


こちらの記事もおすすめです