アサヒ・ドライゼロスパークCMに出演している女性と曲を歌うバンドは?


アサヒ・ドライゼロスパークの「飲みたい瞬間」が発売されました。
CMに出演している女の子は、加村 真美(かむら まみ)さんです。

また、CMソングを担当しているのは、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌も担当する
King Gnu(キングヌー)です。

加村 真美(かむら まみ)さんとKing Gnu(キングヌー)のメンバーについてここではみていきましょう。

スポンサーリンク

アサヒ・ドライゼロスパークのCMに出演している女性は?

アサヒ・ドライゼロスパークのCMに出演している女性は、
加村 真美(かむら まみ)さんです。

1993年1月12日生まれの岩手出身。

16歳の時に、岩手美少女図鑑にスカウトされたのがきっかけでデビューしています。

岩手県のご当地アイドルとして活躍していましたが、当時は、1000年に2人目の美少女として
話題となりました。

今までの出演作は、「鉄神ガンライザー」「咲-Saki-」など。

アサヒ・ドライゼロスパークのCMソング

アサヒ・ドライゼロスパークのCMソングを歌うのは、King Gnu(キングヌー)。
CM中に使用されている楽曲は「Sorrows」で、アルバムSympaに収録されています。

King Gnu(キングヌー)の「白日」は
ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌としても使用されています。

King Gnu(キングヌー)のは、ボーカルの常田大希(つねた だいき)さんが、2015年に「Srv.Vinci」という名前で活動しました。
その後、メンバーチェンジを経て、ドラムの勢喜遊・ベース新井和輝・キーボードの井口理の4名体制隣、
2017年4月26日に現在のバンド名であるKing Gnu(キングヌー)として活動をスタートさせました。

常田大希(つねた だいき)

1992年5月15日生まれの長野県出身。
バンドのリーダーであり、ボーカル・プロデューサーを兼任しており、全ての楽曲の作詞作曲を担当。

東京藝術大学出身で、大学時代はチェロを専攻。

勢喜 遊(せき ゆう)

1992年9月2日生まれの徳島の阿南市出身。
小学校4年の頃にダンススクールに通っており、そのころにリズム感が自然と身についた。
中学時代は吹奏楽部にてパーカッションを担当。

新井 和輝(あらい かずき)

 

View this post on Instagram

 

とても良き。 #mappy #石若駿 #新井和輝 #レコーディング #らぶとりお

新井 和輝さん(@kazukiarai_)がシェアした投稿 –


1992年10月29日生まれの東京の福生市出身。
高校時代は軽音部に所属。

井口 理(いぐち さとる)

 

View this post on Instagram

 

open your eyes 👁 @shotaronishioka 📸

井口理/Satoru Iguchiさん(@191satoru)がシェアした投稿 –


1993年10月5日生まれの長野県出身。
ボーカルの常田大希さんと幼馴染で、同じく東京藝術大学出身。
大学では声楽を学んでいました。

アサヒ・ドライゼロスパークまとめ

アサヒ・ドライゼロスパークのCMに出演する女優さんは、現在、テレビなどでも
活躍する注目の新人女優加村 真美(かむら まみ)さんです。

また、アサヒ・ドライゼロスパークの楽曲を手がけるのは、
ドラマ主題歌なども手がける注目のバンドKing Gnu(キングヌー)です。

今後の活躍に期待したいですね。


スポンサードリンク


関連記事

スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る