新田真剣佑さんと北村匠海さんは2016年「仰げば尊し」で
初めて共演してからプライベートでは仲の良い友人として交流を続けています。

ここでは、新田真剣佑さんの親友である北村匠海との仲良しエピソードをご紹介します。

プライベートだけではなく仕事でも、
「僕たちがやりました」・映画「OVER DRIVE」「サヨナラまでの30分」「十二人の死にたい子どもたち」
と今までに5つの作品で共演されています。

ad by google

新田真剣佑の親友・北村匠海との仲良しエピソード

新田真剣佑さん、北村匠海さんの最初の出会いは、
実話を元にしたドラマ「仰げば尊し」です。

「仰げば尊し」では、役者さん同士で芝居合戦が続く熱い現場で、
新田真剣佑さん、北村匠海さんも当時から、芝居の話をすごくしていたのだとか。

親友の北村匠海さんは、「絶対にまた、共演したい!」とインタビューでも語っています。

新田真剣佑がお嫁さんにしたいNO.1が北村匠海

プライベートで仲の良いお二人ですが、
特に用事はなくてもお互いにテレビ電話をするほど仲良しだとか。

もともと二人は寂しがりやで、特に新田真剣佑さんはさみしがり屋だといいます。

新田真剣佑さんが北村さんに電話するときは、心細くなったとき・自分の気持ちを分かってくれる人に会いたいときだと語っています。
たった会える時間が20分でも、会うことがあるのだとか。

誘い方としては突然、「今、ここにいるから来てよ」「今から?行くわ」
といった感じで、誘いあうとのこと。

新田真剣佑さんはインタビューで、もし自分が女だったら
「匠海と付き合いたいと思う」と語り、北村さんも「自分はいい彼女だと思う」と話しています。

また、新田真剣佑さんによると

「(北村さんは)尽くしてくれて、褒めてくれるので、お嫁さんにしたい男性役者1位」だということ。

新田真剣佑さん北村匠海さんの仲良しエピソードを聞いていると、
それは友情を超えて、本当に付き合っているのでは?というほど仲良し。

お互いの気持ちを理解し合える貴重な存在なのが良く分かります。

(引用元:ザテレビジョン

お互いの作品はチェックし合う

新田真剣佑さん北村匠海さんはお互いに出演しているドラマ・映画は全てチェックするのだとか。

そして、それぞれの見方を言い合って切磋琢磨しているのだとか。

ちなみに、新田真剣佑さんが言うには北村匠海さんは「どM」なのだとか。
しかし、言葉ににして説明するのは難しいそうで、

「一緒にいればわかる」

とのこと。

1度、一緒に過ごしてみてそのどMっぷりを実感してみたいものですね。

新田真剣佑の父親と母親

新田真剣佑(あらた まっけんゆう)さんの父親は
世界的にも活躍する千葉真一さんです。

千葉真一さんは、女優の野際陽子さんと結婚し離婚。
二人の間には、女優で娘の真瀬 樹里(まなせ じゅり)さんがいます。

千葉真一さんは、1996年に再婚しますが、29歳年下の元舞妓の玉美さんと再婚。

そして生まれたのが、新田真剣佑さんです。
弟には眞栄田 郷敦(まえだ ごうどん)がいます。

新田真剣佑(あらた まっけんゆう)
生年月日:1996年11月16日

【まとめ】新田真剣佑の親友・北村匠海との仲良しエピソード

新田真剣佑さんと北村匠海さんは、ドラマ「仰げば尊し」をきっかけに、
急速に仲を深めていきました。

仕事では、5作品で共演をされており、まさに「運命の2人」だと言えるでしょう。

プライベートでは、何か話したいことがあればテレビ電話をする中で、
2人の話を聞いていると、「付き合っているカップルかな?」
と錯覚するほど仲良しです。

それだけ、俳優として友人として尊敬し合い理解し合っているのでしょう。

これから、さらに新田真剣佑さんと北村匠海さんの共演の作品は増えていくかもしれません。

こちらの記事もどうぞ!


スポンサードリンク


こちらの記事もおすすめです