ハチワレ(サメ科)は絶滅の危険性がある珍しい珍魚(画像あり)



長崎県五島市三井楽町にある白良ケ浜(しららがはま)海水浴場に、

絶滅の危険が増大している種である、オナガザメ科の「ハチワレ」が打ち上げられ、死んでいるのが確認されました。

体長は3・95メートルで、五島でオナガザメの仲間が見られるのは大変珍しいことだと言います。
(引用元:yahooニュース

ad by google

サメの「ハチワレ」とは?

ハチワレ サメ出典:wikipedia

ハチワレは、ネズミザメ目オナガザメ科に属するサメであり、暖かい海に生息しています。
基本的には、水深100mよリモ深い場所にいることが、多く、何故、今回、白良ケ浜の海水浴場に
打ち上げられたのかはわかりません。

体長は、大きいもので5m近くにもなり、子供をうむ数が少なく、マグロ延縄などで意図せずに、漁獲してしまうことが多い事から、
生息数が減少しており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅の危険が増大している種」に指定されています。

何故、「ハチワレ」と言われるのかと言うと、頭の後ろに「八」の字のような溝があるためとのこと。

ハチワレと検索すると・・・

ネットで、「ハチワレ」と検索すると、サメは出て来ずに、猫の画像ばかりが出てきます。

ハチワレとは、猫や犬などの被毛の種類のことで、顔の柄が「八」の形になっている様子の事を言うのだと言います。
以下の画像を参照してください。

ハチワレ サメ出典:wikipedia

まとめ

今回、サメの「ハチワレ」が海水浴場に打ち上げられた事から、
「ハチワレ」猫も話題を集めそうですね。

サメの「ハチワレ」は、マグロ漁業の際などに、意図せずに漁獲される事が多いだけでなく、
出産する数も少ないため、絶滅が危惧されている魚です。


スポンサードリンク


関連記事


スポンサーリンク

特集ページ

ページ上部へ戻る